FC2ブログ
Profile
シンガーソングライター
ECHO Studioオーナー
音楽プロデューサー
ラジオパーソナリティー
ソウルフルであたたかい音楽を愛してます。

詳しくはこちら

aotagari@gmail.com
Links
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

NEWS&LIVE情報

Thu.01.01.2037
LIVE SCHEDULE 8/2 更新

8/3(金)LIVEHOUSE UHU(静岡)
8/10(金)LIVEHOUSE UHU(静岡)
8/10(金)peaceful dog(藤枝)
8/31(金)King Rat(甲府)
9/23(日)カクタスハウス(藤枝)
10/28(日)Olive(静岡)


青田ケンイチのアコースティックギター入門
SBS学苑にてアコースティックギター教室を開催中!
講師として優しくギターを教えます^ ^
詳しくはこちら http://www.sbsgakuen.com/Detail?gakuno=7&kikanno=20895


New Album発売!



久々の弾き語りアルバム作りました!

「One Take vol.1」 2018/1.28発売
¥1000

1 Reason of Smile 
2 Callling 
3 ソレイユ
4 海月 -うみつき-
5 道草 
6 飛び方を忘れてから 
7 BACK HOME


Radio
毎月第三月曜日17:00過ぎからFM-Hiにて「青田ケンイチの妄想酒場」放送中!
視聴はPC、スマホなどでFM-Hiのホームページ fmhi.co.jp/ にてお聴きください!

7月20日 ワンマンライブの動画をUPしました

Thu.02.08.2018 0 comments

ども、青田です。

遅くなりましたが、先月20日のワンマンの動画をUPしました。
動画ではどうしても生の迫力には叶いませんが、それでもとてもいいライブだったのは感じてもらえるかと思います。



青田ケンイチLIVE 'Under your skin'

1 ケムリ 2 虹色サイダー 3 Get It On 4 Endless Summer 5 流星群 6 虹 acoustic 7 僕のお日さま 8 ソレイユ 9 てのひら 10 熱病 11 アンブレラ 12 Callin 13 BACK HOME 14 海月 -うみつき- 15 蝉 16 Reason of smile アンコール 17 愛の渦 18 道草

改めて、来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!

7.13 UHUライブ動画UP

Sun.15.07.2018 0 comments

昨夜ZilL倶楽部にお邪魔してきたので、そのライブをUPしました!
弾き語りで三曲です。


1 Reson of smile 2 Calling 3 蝉

最後はギターの弦が切れまくりました。

最初に一本切れたときにふと頭をよぎったのは「全部切れたらおもしれーな」ということ。

だから一生懸命全部切れるように乱暴に弾いてるんですけど、結局2本しか切れませんでしたーーー(笑  


ズコーーーー!



24分くらいです。よかったら観てください^ ^




上を向いて歩いていこう。

Wed.11.07.2018 0 comments

【拡散してくれたら嬉しいです】
西日本の皆さん、なんの前触れもなくこの大洪水に遭われてどんなに辛いでしょう。
水がない、電気が来ない、ライフラインが全くない!話は聞いてます。
僕は歌うたいです。歌は気休めです。気休めのその場しのぎです。
お水送ります、でもその前に今すぐにできることはyoutubeで歌を…!
上を向いて歩こうという曲を歌います。
気休めに聴こえたら、すみません。でも、あなたに聴いてほしいんです。

避難場所の体育館でyoutubeを観て勇気をもらった人がいたと聞きました。
僕がそうあれるなんて思ってませんが、微力ですが一生懸命歌った歌を聴いてください。

どうか生きてください。僕らは必ずチカラを出しますから。
こちらもいつそっちのようになるかわかりません。他人事には思ってないから。

歌は今いらないかもしれないけど、
でも歌は明日を生きるためにいると僕は信じてます。
どうかあなたに届いたらと願います。


よろしくね

Mon.09.07.2018 0 comments
僕はSOULを歌う。


やるせない、なんて言葉で済ませられないけれど

Sun.08.07.2018 0 comments

この日本って国の天災の多さは世界に類を見ないけど、ここ最近の多さはなんだ。
どう付き合っていくかって言われても、対策を講じる前に次から次へ災害が起こる。
やるせないが仕方ない。仕方ないけど、やるせない。


こんなこと書いてもしゃあないことも重々わかってるさ。
でも、やるせないじゃないか…。


なんでいきなり人生を終わらせられなきゃいけないんだ。
なんでいきなり愛する人と引き離されなきゃいけないんだ。
なんで…
なんでなんだ。


自然が不条理で無慈悲なのは知ってる。いや、知ってるつもりだけかもしれない。
自然災害のとびきり多い国土に生きる日本人はこの不条理と何千年も闘ってきた。


でもなぁ…あまりにもやりきれん。
こういう投稿あまりしたくないんだけど…すいません。

40代よ、待ってたぜ!

Thu.05.07.2018 0 comments
S__10494095.jpg
S__10494098.jpg

S__10494092.jpg

S__10494091.jpg
40になりました^ ^
お祝いのコメントをたくさん頂きありがとうございます。

待ちに待った40代です🍀

今日は昼間スタジオで事務仕事をした後、美味しいイタリアンで食事をし、サプライズでケーキをもらい、スタジオで20日のワンマンライブのリハーサルをして、充実した一日でした。


40代だから今日からこうする!とかは、特にないっす(笑
始めたり、やめたりするよりも「あり続ける」とか「やり続ける」ことの方が大変で、価値があるんだっていうことを身に沁みて感じるからです。
でも、やっぱり少しずつ変化はしていて、僕は今音楽以外にもやりたいことがあります。
新しい価値観を自分の中に見つけていくのに年齢なんて関係ないですね。


足元見つめて、たまに上を見上げて、そしてそばにいてくれる人たちを大切にしながら生きていけたらと思います。

40歳で痛風のおじさんですが、まだまだ未熟者です。
ご指導ご鞭撻のほど、どうかよろしくお願いします。

山梨KingRatの動画をUPしました

Sun.24.06.2018 0 comments
 


 2018.6.22 at King Rat 
1 Reason of smile 
2 Get It On 
3 ケムリ 
4 BACK HOME 
5 愛の渦 
6 蝉

山梨キングラットにお邪魔してきました!

Sun.24.06.2018 0 comments
35988866_1511893085623926_3119834642899795968_n.jpg
35987325_1722291491183217_5821983041953726464_n.jpg

35895346_1722291807849852_592584489029337088_n.jpg

35901378_1722291584516541_6239777450255974400_n.jpg


昨夜は山梨にお邪魔しました。
キングラット。オレンジの壁、美味いつけめん、もつ焼き、マスターの小粋なMC
素敵なお店です。

僕とベースのタケちゃん、ドラムの亮くんの3人でのライブでした。


さやかちゃん、誘ってくれてありがとう😊
嬉しかった!
打ち上げもなんかすごい楽しくて、大笑いしながらあっという間に時間が過ぎていました。
また一緒にやりましょう!

TOMさん、みどり素敵でした^ ^
ジャークチキンを食べられるのを楽しみにしています。
またご一緒しましょう!

くじら、5人でのライブも見てみたかったけど、
昨夜も独自の着眼点での世界観を堪能させてもらいました!
また次に見れるのを楽しみにしています。

僕らはトリでやらせていただきました。
Reason of smile、Get It On、ケムリ、BACK HOME、愛の渦、蝉
こんなセットリスト。
楽しかった〜

今回はMCが決まりまくったなぁ…(笑
痛風というパワーワード1本で乗り切った感がありますが…(笑

また山梨にお邪魔します。
その前に7/20のワンマンを大成功させます!

もっともっと練習して、もっともっといい歌を歌います!

死んで教えてくれるなよ

Thu.21.06.2018 0 comments

【死んで教えてくれるなよ】
皆さんによく言われる、一度僕がライブをやめると言っておきながらまた半年後にやりはじめた、その理由です。



2015年の3月の終わりにふとライブハウスにでかけた。
静岡市のUHUというライブハウスで、僕はカウンターの一番後ろの席の前で立ちながら酒を飲むのが常だ。
酒も少しすすみ、それから歌いだしたritomoの歌に聞き入っていた。


でも、僕はまさかそれで僕がこんなにも変わるなんて思いもよらなかった。
「ライブをやめよう」と、はっきりと思った。
17歳から知っていた彼女は19歳になっていた。もう高校生ではない。
彼女の歌は僕に迫った。「あんた歌をいつまで歌ってるの」と。そう迫りながら一瞬で僕の居場所を奪っていった。
僕は一瞬で悟った。もう、僕が歌う余地はないと。


家に帰りすぐに今年の年末でライブから引退する」と発表した。
何人かの人から、もったいない、撤回しろと連絡をもらったが決心が変わることはなかった。
部屋の電気をふいにつけたり消したりしながら何分間かが過ぎた。もう歌からは離れたくなっていた。
これ以上自分を惨めにしたくなかった。だらしない自分から決別したかった。


それから一ヶ月ほどのちに僕は一生忘れられない経験をする。
岡本と飲むのだ。


岡本は僕の高校からの友達。消防士になると言い続け、何事もないように普通に、なった。
同じ18歳で東京に出て、消防士になった。
高校の頃はさして意識をすることもなかった。
しかし彼は着実に自分の夢を実現し続ける。

ずっと「俺は人を助ける」と言い続けて、いよいよオレンジ色の制服を着るようになった。ハイパーレスキューだ。
本当にすごいスピードだったんじゃないかと思う。
僕はそんな彼の結果を見てはじめて彼を意識するようになったような気がする。


僕がライブからの引退を表明して一ヶ月ほど後、東京にいる岡本から連絡があり、僕の家で飲むことになった。
「ケンイチ。俺の新しい嫁さんと、お前の彼女と、みんなで辻堂で飲もう」
そんな言葉が聞けるとは思わなかった。嬉しかった。


少し遡るが2006年の話。
僕は彼の一度目の結婚式に出席する。
そこで歌を歌い、大いに祝い、笑い、泣いた。
28歳の結婚ほど男にとってしあわせを感じることはない。
僕は、彼の今後のしあわせを願い、想像し、とにかく泣いた。


誰も予知能力などないのだ。誰も明日のことなどわからないのだから。
人生は誰にも見えない。


これ以後の彼の結婚生活を細かく書くのはやめておく。
プライベート云々のこともあるが、単純に僕の中で辛いからだ。
ただ彼は息子をひとり授かり、愛していた。
僕が見た彼のしあわせな顔だ。何にも変えられない事実だ。
息子と一緒に僕の歌を聴きに来てくれ、ふたりで一緒にじゃれあって岡本は息子の両手をとってグルグル回してふたりでひとつになっていた。
僕はそれを見ている。僕ははっきりそれを目撃している。


なにがどうなって離婚したのかは、知らない。
少しだけ聞いたが、ここで書く気はない。本当に辛かったようだということだけは記しておきたい。
本当は書きたいことがある。当時の嫁さんに対して思うことは山程ある…ということだけで察していただきたい。


とにかく彼は離婚した。自由になったのだ。
息子のことは彼の生涯において気がかりだった。いつか僕が息子に話そうと思う。父親のことを。


話を戻していいだろうか。
2015年の5月に、岡本と最後に飲むことになるのだ。


再婚したことは少し前に聞いていた。
「結婚したんだ、いい嫁さんなんだ。本当に、本当に、いい嫁さんなんだ」
そう言う顔を見ればすぐにわかる。


「俺さ、ライブやめるんだ」
「そうか」
半日ほど静かに飲んだ。
それが最後だった。


2015年6月19日
僕の親友岡本は奥さんとの新婚旅行中にバリ島で亡くなりました。


僕はそれからいろいろ考えて、また歌うようになりました。
なぜ歌っているのかはわかりません。


でも、彼が死んでから僕は前より歌を歌いたくなりました。




topTop - Next Page »