Links
Profile
音楽、酒、海をこよなく愛するシンガーソングドランカー
ECHO Studioオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまで
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WIND BLOW '07

Mon.27.08.2007 3 comments
20070827110005
数年前から念願だったWIND BLOWに行って来た。

摂氏30℃以上。
焼け付く日差し。

青い海、空、そして極上の音楽。

静岡の相良サンビーチ。
会場はゆるいアジアンスタイルの若者で溢れててとってもピースな雰囲気。
日本有数のゆるい夏フェスだけあってなにもかもがスロウ。
めちゃめちゃ前に行くのでなければゆっくりシートに腰掛けて見れる。
そんな夏フェス、あんまりないよね。

で、それがいいのよ。

でも元気が有り余ってた俺は結局一番目のシアターブルックから最前列で叫んでしまったけど(笑

シアターブルック、初だったけどやっぱ良かった。
終わった後、会場をタイジさんがブラブラしてたので握手してもらった。
そしてドラムの沼澤さんのプレイを5mの距離で見られたのは感動した~!

Keison、ゆるかったゆるかった。
この日一番のゆるゆるライブ。
リラックスしたライブっていいよ。
そしてやっぱいい声してるわこの人。
芝生で寝っ転がって聴いてる人々、正解。
ある意味彼がMr.WIND BLOWかもね。


Leyona姉さん。
5年以上ぶりにライブ見たけど、やっぱこの人は才能で歌ってる。
気持ちいいとこでちゃんとツボを得た歌を歌ってくれる。
メロの符割とリズム感がバシバシくる。
この人の歌は俺にとってハンモックみたい。


会場は出入り自由だったので数組の間は会場の隣の海で過ごす。
こぼれてくる音が気持ちいい。
ふわふわトリップ気味の音楽聴きながらプカプカ浮かんでたら寝そうになった。

こんなゆるい夏フェス、他にあるかい。

帰ってくるとアフリンビートが鳴ってた。
最前列に突っ込んで踊り狂う。
一気に汗だくに!
奴ら、煽りもプロだぜ。



そしてそのまま来ました、俺的ハイライト、ハナレグミ!
最前列のド真ん中ゲット!
永積氏の真正面、その距離2m。
吐息が聞こえました。

途中で急に日も落ちてきて、空には月がひとつ。
ステージの照明が映える。
客席いっぱいに浮かんだシャボン玉に七色の光が反射して、とっても綺麗だった。

そして目の前には永積タカシの歌声。

はっきりいって夢の世界。
カバー曲、Peaple Get Readyで思わず泣いた。
ありがとう、ハナレグミ。

そしてフェスはcaravanで終了。


一番行きたかったフェスは、今度は一番出たいフェスになった。
スポンサーサイト

Endless Summer.

Tue.21.08.2007 10 comments
20070821003504


音楽を始める前の話。
いや、もっともっとずーっと前の話。

音楽がこの身体に鳴り始める、もっとずっと前の話。


あのころ、自分は海と一緒に生きていた。
毎日海の中にいた。

サーファーの親と僕は、"海と波の理"を知ってた。

夕日が波に紛れて沈む。
本能が全てを知ってた。

体はどこまでもいつまでも自由で、もっともっとそれを受けいれたがっている。
ゆりかごのような愛に身を委ねることが唯一の人生の正しい道。




そして僕は病気になった。

あれから正しい道が見えなくなった。

歪んだ道を辿り、それを紛らわすために音楽を始めた。


だけど心の底にはいつも、幼い頃に親父に肩車されて歩いた御前崎のあの海までの道が消えない。
海が俺のアイデンティティだったんだ、最初から。

ずっとサーファーになりたかった。
13歳のとき、サーファーを諦めた。
クソみたいな自分の病気を恨んだ。

ずっとサーファーになりたかった。
今でも…?

そんな気持ちを音楽に置き換えている。
海は特別。
サーフィンも、サーファーも、俺の人生には特別。


でも海が怖い。
海は病気の自分を殺すかもしれない。

愛しい気持ちと怖い気持ちが交互に押し寄せてくる。


でも初めて音楽が海と寄り添い始めた。
沖縄旅行がもたらす意味は嫌なほどわかってた。

だから怖かった。

また海と向かい合うのが怖かった。
トラウマはまだ消えてない。

だけどこれが人生のタイミングなんだと思う。
これを越えることが俺には必要なんだと思う。


きっとトラウマを愛せるようになるから。

だから今年はどうか、俺にひとつ、"エンドレスサマー"を与えてください、神様。

才能

Wed.08.08.2007 2 comments
お休みすると言いましたが なんともやはや…

BOLEの二人と一緒にカラオケ行ってきましたー!(・ω・)/




もう、まさに才能ってやつね。


天は二物を…

なんて、くだらねぇ話にゃ興味なし。


天分の才

ってのはいるんです。



は~い、鳥肌(・д・`*)



開いた口が塞がらねぇ(笑



今、日本若手女性ボーカリストNO.1っていったら、そう。

誰が否定できるだろう?


間違いなし。実力派。
こういう人が評価されるべき。
クソみたいなファッションミュージック、死ねよ(・∀・)


お付き合いしたい本物ミュージシャン。

そんなBOLEのサイトはこちら。
http://www.geocities.jp/bole_1001/



お休みすると言いつつも

いいミュージシャンはいい。


そういうのだったらいくらでも書きたいです。
緑や森や何かしらに囲まれてるし、静岡はさ!(笑(^^


いぇ~いこの酔っぱらい!(笑


は。じゃ。また秋に!

(秋の唱天、BOLE登場だよ!)

ブログお休み

Mon.06.08.2007 4 comments
しばらくブログお休みして、曲作りします。

へへっ。お楽しみに。

ライブ情報なんかは個人的にメールなんかで告知させてもらいますね。
良かったら来てね。
秋にまた会いましょ。

そして冬のアルバムお楽しみに。
全く新しい青田ケンイチだよ、へへっ。

(新しく日記を更新しないだけで、ライブ情報とか新曲情報は逐一更新していきます。
1ヶ月くらいで戻ってきます)

静岡に帰ってきた

Thu.02.08.2007 7 comments
---明日のライブ情報---
◆8/3(金)三軒茶屋Grapefuit Moon
東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1 / Map
出演:塚本晃、坂本健、matsueri、青田ケンイチ
open18:30/start19:00(出番は19:00~19:50)
ticket\1900(+1D)
お問い合わせ:tel/03-3487-8159 mail/info@grapefruit-moon.com
※インターネットでライブの様子が生配信されます。
こちらから→LIVE cheers!




27日に静岡に帰ってきた。
早い。もう一週間じゃん。
結局二週間弱も沖縄にいた。
7月はライブと沖縄で終わった感じ。
まあ、たまにはいいかもね、こういうのも。

沖縄っていうのはすごい場所だね。
ほんっとうに、いろいろ感じさせてくれた。

あのゆるさ。
実はわりとすんなりゆる~くなっていけたんだよ、俺は。
普段からゆるいから(笑
でも生き方が変わるからこそ音楽性も変わるんだろうな、ていうのを肌で感じた。
生き方、っていうか、生活かな。毎日、日々のことで音楽が変わっていく。
俺の音楽性も変わるかもしれないなぁ。

どう変わるかは冬のアルバムから先のお楽しみだけど。

俺は所詮観光客なわけで、たかだか数日の滞在者だったわけだけど、それでもあの沖縄の自然にはどうしても心が素っ裸になってしまった。

何日も何日も朝から晩まで海で過ごしたさ。


前の日記にゆーこ姉がコメントしてくれたことも、ずーっと今回考えてたよ。
沖縄の悲しさ、哀しさってなんなんだろうって。

あんなに賑やかな商店街も、優しいおばあの笑顔にも、そして三線の音色にも宿るあのどうしようもない悲しさ。
陽気なんだけど、その'陽'の中に隠されてる哀というか。
海とか空がやたらめったら青いから、余計に人に哀しさを感じるんだよな。
コントラストとしていっそう哀しさが浮き出るというか。
悲しいでもあり、哀しいでもある、あの空気。

あれは一体なんだったんだろう。

「私たちは戦争に負けたから、こうして日本の畳を敷いている」
首里城の中にいたガイド役のおじさんが言っていた。

「負けた国は、そりゃあ悲惨よ」

もともと日本じゃなかった国が薩摩に負けて日本語使わされるってこと。
(もっと昔からの話をすれば元来沖縄弁は日本語からの派生らしいけどね)
んでもってそんな日本とアメリカの戦争に巻き込まれて挙句の果てに地上戦だ、米軍基地だ、って、そりゃ酷いよな。
おじいおばあのそのまたおじいおばあくらいからずっとそういう悲しみが血を通して受け継がれているんだと思う。
だから簡単に理解することは到底無理だろうし、わかったような顔もしたくないけど。

まあさ、そんなこと言い出したらそれこそ日本だって欧化は進みまくってもう何だかわかんなくなっちゃってるけど。
でも負けたからこうなった、っていう意識が希薄だけどね、本土は。
そこの話は今日は書かないけど。

ただあれだよ。
確かに言えることは、俺沖縄を前よりずーーーーっと好きになった。
哀しさなんか吹き飛ばせ!っていう沖縄の人たちの明るさ、優しさが好きになったよ。

そして個人的にはこの時期に行ったのも本当によかったな。


で、ひとつだけ言わなきゃいけんことが。

沖縄滞在中、一回もギター触ってません。
初日のライブ以外はね。

ええ。僕は沖縄に曲作りに行きましたが何か。
あまりにも世界が綺麗で、ギター弾いてる場合じゃなかったんだよ。
ていうか完全にミュージシャンのスイッチ切ってたかも。
まぁでも、そのほうがいい場合って結構あるんだよ。

はいはい作りますよ今から。

あ、そうそう。
明日、三軒茶屋でライブです。お待ちしております。

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。