Profile
酒と音楽をこよなく愛するシンガーソングドランカー
Studio ECHOオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまでお気軽にどーぞ!
Links
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

2010年

Fri.31.12.2010
蕎麦粉を買ってきて年越し蕎麦を自ら打つのは来年にします。1年の最後に来年に持ち越しとは…

2010年も今日で終わりですね。皆さんにとって今年1年はどんな1年でしたか?
僕にとっては今までで一番あっという間の1年でした。

でも今年一番のことと言えばやっぱり「ひかり」を出せたことですね。
来年ももっともっと沢山の人に聴いてもらえるように頑張ります。
そして来年ももう一枚アルバムを。出来れば二枚。頑張るぞ。


2010年、皆さんには大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

因みに今夜はUHUでライブです。年越しの歌。


それでは、よいお年を!

本日路上ライブ@静岡駅地下道

Tue.28.12.2010
本日路上ライブやります!

12/28路上ライブ
時間:17:00~19:00
場所:静岡駅北口地下道


よろしくお願いします!

LIVE予定追加&25日arkの映像をUP!

Mon.27.12.2010 2 comments
クリスマスも終わりましたねぇ。非常に寒い毎日ですが皆さん風邪などひいてないですか?
24日UHU、25日arkに来てくださった皆さん、ありがとうございました!
両日とも違った楽しさがあり、非常にいいクリスマスでした。
毎年ここから大晦日までが異様に早いんだよなあ。

さて、来年のライブ予定が少しずつ決まってきていますのでお知らせです。
春頃には新しいアルバムを出すつもりなので、カフェツアーなんかも考えています。
来年もあっという間に過ぎていくのでしょうか。

ライブ予定です。
12/31 LIVEHOUSE UHU
1/13(木)LIVEHOUSE UHU
1/15(土)LIVEHOUSE UHU
1/23(日)小梳神社
1/30(日)LIVEHOUSE UHU
2/11(祝日)スノドカフェ
2/26(土)沼津cefe
2/27(日)ちゃっきり横丁
詳細はこちら


昨夜は清水のライブハウスarkで今年最後のバンドでのライブでした。
今年はこの「青田ケンイチ&サイドギャザーズ」で御前崎ライブを敢行したりもして、随分とお世話になったメンバー達。
年明け早々に皆で集まって新年会でもやりたいなぁと思っています。

昨夜のライブの「熱病」をYouTubeにUPしました。


グッモーニン、メリクリ!

Fri.24.12.2010 0 comments
おはようございます、アオケンです。メリークリスマス!

昨夜は久々に路上に出てライブやってきました。聴いてくれた方、ありがとうございました!
久々の路上はやっぱ楽しい!定期的にやろうかな。。

その後はスナゲリーにライブを観に行ってきました。すごくいい店、いいライブでした。


さて!本日、明日とライブでございます!!

本日はLIVEHOUSE UHU!クリスマスパーティです!
ウェルカムドリンク1杯プレゼント!
出演 mariwa、ZilL、アドバルーン、青田ケンイチ
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET \3000(料理付き)


僕はソロで出演します。毎年恒例のクリスマスイベント、今年もいい夜にしたいですね!
お腹空かせて遊びに来てください!




そして明日はSOUNDSHOWER ark!サイドギャザーズと一緒に出演します!
【Park2010-FINAL-day1】

TICKET \500
START 17:30
17:30- 見切り発車
18:05- ディル
18:40- PATRIOT
19:15- FLIPSIDE PROJECT
19:50- 反国二千参ル
20:25- THE Flow Tide
21:00- coral rain
21:35- 青田ケンイチ&サイドギャザーズ



今日からぐっと寒くなるそうです。皆さん風邪に気をつけてください!

あ、追加です…

Thu.23.12.2010 0 comments
急に思いついた企画なので一人も聴く人いないかもしれないですけど(^^;

でもきっちり18時から歌いますからね。

歌います。

【本日緊急】クリスマス静岡駅地下道ライブやります!

Thu.23.12.2010 0 comments
IMG_0241.jpg


今年もあっという間。歳をとればとるほど早くやってくるクリスマス。街はにぎやか、お祭り騒ぎです。
皆さんこの幸せウィークをどうお過ごしですか?

ライブやります!やらせてもらいます!!

思いの全てをこの街に。今年の思い残し、今年のうちに。
皆さんいろいろあると思いますが、明日、というか今日。思いついちゃいました!

今年の魂を全て路上に置いてくる!という気持ちで歌います!!




緊急企画!青田ケンイチ X'mas地下道ストリートライブ2010

場所:静岡駅北口地下道のどこか(わかりやすい場所でやります)
時間:18時くらいから(最近規制が厳しいようで、かいくぐってなんとかやります。リアルタイムでTwitter @aota_kenichi で報告していきます!)
料金:もっちろん無料!ただし差し入れ大歓迎!(冗談!)


本日の話です。本日、23日です!やります!!

2時間くらいぶっ続けで歌います。20曲くらい歌えるかなぁ?
数年に一度のストリートライブ、気合い入れていきます。

クリスマスイブイブ。もし一瞬でも時間の隙間があったら、是非観てってね。

「一曲も聴けないよ、忙しいし」
全然いいっす。もし良かったら一瞬だけでも顔を見せて。待ってます!!

【クリスマス限定】リハ風景動画UPしますた!

Wed.22.12.2010 0 comments
期間限定!YouTubeに「青田ケンイチ&サイドギャザーズリハーサル風景」をup!

こんにちは、アオケンです。
iPhoneの録画機能が意外と使えることがわかってきたので、今日は動画アップです。
昨夜の「青田ケンイチ&サイドギャザーズ」のリハーサル風景です。

「ひかり」に入っているタイトル曲「ひかり」と「熱病」です。
アルバムではほぼ弾き語りですが、バンドバージョンだとまた全然表情が変わってくるんですよね~。

とりあえず、25日までの期間限定ということで。楽しんでくださーい(^^

それから、25日にはバンドでライブやります!
もちろん新曲やるよ!是非来てね!




青田ケンイチ&サイドギャザーズ LIVE情報
◆12/25(土)SOUNDSHOWER ark
静岡県静岡市清水区入船町13-15 エスパルスドリームプラザP1 駐車場1F / Map

【Park2010-FINAL-day1】

TICKET \500
START 17:30
17:30- 見切り発車
18:05- ディル
18:40- PATRIOT
19:15- FLIPSIDE PROJECT
19:50- 反国二千参ル
20:25- THE Flow Tide
21:00- coral rain
21:35- 青田ケンイチ&サイドギャザーズ




「ひかり」


「熱病」

僕らのサンタクロース

Mon.20.12.2010 0 comments

これ書いてから曲作る。

Thu.16.12.2010
もう今日はリハも終わって帰ってきて、いい感じで曲を作るつもりだったんだけど、mixiの水嶋ヒロさんのニュースを読んでたらちょっと書きたくなった。
訳が分からない方はYahooとかに彼の小説のニュースが載ってるので是非見てみてください。

これはねぇ、まあ叩かれるわな。彼が小説を書く。賞を取った。賞賛の声と同じくらい、いやそれ以上に叩かれる声が上がるよそりゃ。

超絶なイケメンが俳優蹴って小説家だ?何様だと思うよ人は。世の中ナメんじゃないよと。
顔だけで俳優やって金稼ぎやがって、どんだけいい思いすりゃ気が済むんだと。
普通の人はこう考えるさ。俺だって普通に考えりゃそう考えるさ。

でもねぇ、僕は今回の水嶋さんの小説に関してやたら叩かれるのは、まあ当たり前だし解りきってたけど腹立つね。
「読めよ。まず読めよ」と、もうそれだけですけど。読んでもないのに叩く奴。頭悪いとしか言いようがないね。

でもね、これ、読んでもらえてからでもきっと正しく評価はされないと思うよ。少なくとも10年くらいは。
悲しいけどそういうもんなんだよ人は。嫉妬心なしで彼の小説を読める人は発売日に買う人の中ではごく少数だろうね。
悲しいけどそれが人間でしょうね。
いつだってなんの先入観も持たずに人を判断出来ることなんて出来ません。出来る奴がいたら会ってみたいよ。

僕はこういう事例では有名人に味方する方なんだけど、今回は正にそう思います。まず読めって。
僕も読んでみて良くないと思ったら批判しますよ。批判というか正直な感想を言います。まずそこからやるのが筋でしょう。
別に彼を擁護するとかね、そういう意図もないし、彼は好きでも嫌いでもなかったですけど、今回のことがあって僕はどっちかというと好感を持ちましたけどね。
だってこうなるのは彼の意図したところじゃないですからね、賞を受賞してしまったけど、元々そんなつもりもなくただ単純に自分の実力を測りたくて本名で芸名を隠して応募した訳でしょう。もし出来レースだったとしたら?その「もし」を言うならその証拠を持ってきて欲しいですね。話をするのはそれからでしょう。
そういう平等なところで勝負して、勝ってしまった。なんか問題あるんですかね?

僕ね、あれだけのイケメンだと色々考えることあるんだろうなーと思うんですよ。あの、そこらの普通にめっちゃモテるイケメンとは次元が違うところの話で。
そういうことを経験してるだけ、あれだけのイケメンで生まれついた彼はいろんなことを考える下地があったと思うんですよ。
こんなもん全部逆説的な話になりますけど、悩みもあると思いますよ。めちゃくちゃ。

あとね、僕いつも思うんですけど、こういうときにやっぱり言えないでしょう、怒りをぶちまけたりとか。本人は出来ないんですよ。だから僕はそれも腹立つんですけどね。もちろん彼にじゃなくて、気楽に叩いてる奴らに。
僕も今はこんなこと言ってますけど、それこそ売れたら言えなくなることあるかもしれないです。お世話になってる人の関係者とか、身近な人が相手先にいて、そこに気を使うとか。
僕は博愛主義とか、怒りを表さない人間は基本的に信用してないので、自分でも出来る限り売れても怒り続けたいと思ってますけど。

なんでしょう。叩く人、まずは読んでみましょうよ。じゃないとなんかうそくせーっす

気持ちのいい夜。

Sun.12.12.2010
 ライナーノーツ、ちょっとお休みで横道それます。


今日は12時から飲みに行った。久々。
Aさん(お名前は出さない方がいいかな?)と、のっちで待ち合わせ。
ナカムラタツキが飲んでた。

タツキ、頑張れ。お前の気持ちはわからないが、少なくともちょっとだけはわかる。同じシンガーソングライターとして経験してきた少しだけの先輩として。
助けなら言えよな。作るのは君だけど、ハード面ならいくらでも協力する。

Aさんと二軒目へ行く。楽しかった。人生の先輩の話。もっともっと聞かせてください。
これからまた、よろしくお願いします。

なんと気持ちのいい夜だ。最高でした。



話は変わり、というか変えますが。
親父と昼間静波に行ってきた。ある人に会ってきたのだがこれがまた面白い。
サーフィンはやっぱり僕にとってすごく大事な要素。好きで好きでしょうがない。
音楽で何か貢献出来たらいいと思う。
いい音楽を使わなきゃ駄目だよそりゃ。最高のライダーが滑ってんだから。音楽は任せて欲しい。

何一つ具体的でない文章ですみません。
何かいろいろと今日は、肥やしになった一日でした。愛を感じた日でした。

「ひかり」超長文全曲解説ライナーノーツ!Vol.1

Wed.08.12.2010
「ひかり」が発売になりました。もう聴いてくれた人も、これから聴こうとしてくれている人も、本当にどうもありがとう。本当に嬉しいです。


今日はライナーノーツ自己診断版を書きます。すごい長文になります。

僕自身からのメッセージも含め、僕の本心を隠さずに書きたいと思います。前作「BLUE CHANPLOO」のときも書きました。BLUE CHANPLOOのライナーノーツはこちら

今回も例に漏れず、自己発電でいきたいと思います。
かなり長丁場になっていますが、もし、「ひかり」を手に取って頂いたなら、そして近いうちに手に取ろうと思っているあなたには必ず興味深く読んで頂ける内容になっていると思います。

それではいってみましょう。青田ケンイチによる自己診断、「ひかり」全曲ライナーノーツVol.1です。


青田ケンイチ 2nd mini album 「ひかり」

~全体解説文~
2年前「BLUE CHANPLOO」を作ったとき、僕の心の中にあったコンセプトは「CHANPLOO」という言葉に表されたように「バラエティに富んだアルバム」「POPSと音楽性の融合」というふたつのキーワードでした。
数多の音楽シーンの中で毎日いろんな音楽が発信されている中、青田ケンイチという個性は正に「ジャンル分け不能」という一言に尽きると思っていたし、実際今もそう思っています。
あらゆるジャンルの音楽を網羅したジュークボックスのようなアルバムでありながら、一枚を通して聴いたときに感じる感情はひとつの世界を構築しているという、矛盾を突き抜けたところにある音楽を僕は目指していました。
そして、その当初の目標をクリア出来たのが「BLUE CHANPLOO」であったと、僕は確信しています。
残念ながらセールス的には思ったほどの売れ行きではありませんでしたが(もちろんこれから爆発的に売れる可能性もあるのですよ)、僕の中ではあのアレンジ、プロデュースはOrizzonte Recordsの冬野さん、田口さん、アレンジャーの森山君他素晴らしいサポートをしてくれたミュージシャンの力によるところが非常に大きかったと思います。
本当に素晴らしいPOPSアルバムに仕上がったと自分を恥じること無く自負しているし、これからもしていけると思います。

そしてあのアルバムをリリースした後、僕が何をしていたかと言えば、故郷の静岡に帰り静かに暮らしていたのでした。それはとても地味で、活動としてはとてもメジャーとは言えないものでした。もちろんそれは僕が自分で選んだものですが。
それからほどなくして発売元レーベルであるOrizzonteがレーベル業務を終了し元々の形である音楽制作会社に戻ることになり、僕も必然的にフリーのミュージシャンに戻ることになりました。
文字通り「いちから出直し」ということです。
(しかし、僕にはその時には素晴らしい人脈がいくつか生まれていました。BLUE CHANPLOOを作らなかったら、そしてOrzzonteに所属していなかったら出会えなかった幾つもの人脈や出会いが僕にはありました。素晴らしい、素晴らしいミュージシャン、各レーベル関係の熱い志を持った方、カメラマン、ヘアメイク、その他僕たちミュージシャンを影でサポートしてくれる最高の仲間。どれをとっても素晴らしい、僕にとっては最高の出会いばかりでした。
音楽はミュージシャンだけで発信されるのではないと、心の底から僕に当たり前のことを今更ながら気付かせてくれる、感動を与えてくれる出会いの連続。それがOrizzonteでの僕の経験と出会いでした。)


しかし「いちから出直し」といっても、僕には上に挙げた出会いを筆頭に、得難い経験値を得ることが出来ました。やれることは曲を作り歌うことですが、これからの展望を自分の中でどんな風に考えていくか、それをゆっくりと自分と向き合って考える時間が僕には必要でした。静岡の海や山、川やゆっくりとした県民性、それなりに発展した街並、飲み屋街でのご乱心(笑 などは僕にとって絶対に必要な時間なのでした。



…さて、いよいよ最近の話になります。
正直な話を今日はするつもりなので、多少のわかりづらさもあるかもしれません。いいんです、今日は僕青田ケンイチに興味がある人しか、ここまで読み進めて見てはいないと思いますから。
わかりやすい話は、またわかりやすく別の形でしていきたいと思います。

この今回のアコースティックアルバム「ひかり」は、僕青田ケンイチにとっての本当の意味での出発点であるといえます。
これを読んでいるあなた、あなたが何を青田ケンイチに求めているか? 僕はそれには答えないかもしれません。何故なら僕は僕の心の内を表現することしか出来ない歌い手だからです。
でも、気付いたのです。僕とあなたとの違いは単なる表面的なことだと。僕とあなたは、根本的には同じなのです。もっと言えば、隣りの人も地球の反対側にいる人も。
僕らが抱える心の叫び、小さなささやき、優しさ、残酷さ、美しさや醜さ、それらは元々同じ部分から発せられている感情だと僕は思うのです。そういう感情の一番底にあるものを歌いたいと思いました。
人の根っこは全て同じだと。そう思いました。

「ひかり」はそれを歌ったアルバムです。ここまで読んでくれたあなたにはこの一言だけで、ひょっとしたら十分かもしれません。
あとは実際に音を聴いてください。歌詞を読んでください。本当はそれだけで全てが始まっていて、全てが完了しています。長々と駄文を読ませてしまってすみません。
そしてこれから発表する青田ケンイチの音楽をどうか楽しみに待っていてください。どんどん深くなっていきます。どんどん新しくなっていきます。そういう決意を持って、僕は今回この「ひかり」を発売しました。

あなたのお気に入りの中の一枠に加わったなら、本当に幸せです。どうもありがとう。


p.s
具体的な一曲一曲のライナーノーツはまた次回。


「ひかり」歌詞を一挙公開!

Mon.06.12.2010
こんにちは、アオケンです。今日は「ひかり」に収録されている曲の歌詞を全部公開しまーす!
まだ聴いてない人も、読んでみて気に入ったら是非チェックしてみてください。


青田ケンイチ「ひかり」

1 風の便り
2 ひかり
3 熱病
4 愛を歌え
Bonus track:虹(Studio live ver.)





風の便り

晴れの日も雨もこんな曇り空の朝も
同じように愛しく思えたならそれは
幸せだと言えるのかもしれない

物語の主役はひとりだけじゃないかもしれない
だけどいつも主役になりそびれてしまう君よ
今日は君のことを歌いたい

風の便りが僕のもとへ 君の暮らしを伝えてくる
優しい目をした君が今 どうか穏やかでありますように

晴れの日も雨もこんな曇り空の朝も
路傍の石のように静かにたたずんでいる
君の目は今何を見ているの?

さよならの数が出会いより 多くなってきたこの頃は
君がくれた言葉がやけに 胸に残って離れない

君の目は今何を見ているの?

風の便りが僕のもとへ 君の暮らしを伝えてくる
優しい目をした君が今 どうか穏やかでありますように

いつも悲しみが少しだけ 後ろに付いてまわるけれど
君がくれた言葉がやけに 胸に残って離れない



ひかり

ありのままの自分を探して旅に出て
ありもしない自分を演じたこともあった
それでいいのさ それもまた君です

その心が 体が 何かを求めてる
今そこにいるあがいてる君を僕は見たい
それでいいんだよ もう君の時代が来るよ

誰もいない道のり 走り出した君の
果てのない旅路に一筋のひかりが
どうか照らしますように

ひとりきりは孤独じゃない 君は知ってるはず
その瞳が映すのは君だけにある世界
それでいいんだよ もう怖がることはないさ

空に映す無数で限りない未来
どれでも選んで好きなように描けばいいさ
そこにあるひかり

誰もいない暗闇 明かりなどなくて
それでも止まらない 迷いながら何もかも引き連れて君は

空に映す無数で限りない未来
どれでも選んで好きなように描けばいいさ
そこにあるひかり



熱病

花の匂い 君の香り 思い出す
さわれない かえらない かわせない 何もかも
乱れる髪のままで 爪の先まで 夢を見てた
終わることなど想像もできないほど

止みそうもない雨が降る
待ち人は来ない
この両手が君を抱きしめたいと疼いてる 今でも

風の匂い 君の季節 思い出す
きこえない とどかない あいせない 何もかも
忘れたい 忘れたくない
君が巣食うこの心

止みそうもない雨が降る
待ち人は来ない
この両手が君を抱きしめたいと疼いてる 今でも

寂しげに笑う 君を見た
あのときのこと
きっと君もこんな風に泣いていたんだろう そうだろう

寂しげに揺れる 声がする
終わらない痛み
もう眠ってしまおう この熱病が終わるまで



愛を歌え

ねえ、そろそろ行かなくちゃ そこで待ってる人がいる
手を差し伸べて 扉を開けるよ

真っ白な今日の君は 壊れそうなほど綺麗だ
早く行かなくちゃ 言わなくちゃ
こぼれ落ちてしまいそう

何度も何度も 君を焼き付けたいから
そう何度もそう何度も 笑っていて欲しい
愛してる 愛してる この魂が言うんだ
そう何度もそう何度も 愛を感じているんだ いつも

ねえ、そろそろ言わなくちゃ 例え様のない思いを
願いごとはもう 叶ったと
君に教えたい

何度も何度も 君を焼き付けてきたよ
そう何度もそう何度も 傷付けてきたけど
愛してる 愛してる この魂が言うんだ
そう何度もそう何度も 愛を感じているんだ いつも

何度も何度も 君を焼き付けたいから
そう何度もそう何度も 笑っていて欲しい
愛してる 愛してる この魂が言うんだ
そう何度もそう何度も 愛を歌っているんだ いつも
愛を歌っていくんだ いつも





君の手のぬくもりを知った あの日の僕は
こだまする人々の誘惑をすり抜けた
揺れている 揺れている 風が吹きすさぶ中で
もう一度 もう一度 虹をかけよう

小さな頃に描いてた夢は 今も形を変えて生きている
そうさこの街に虹をかけよう 今すぐに

君の手のぬくもりを知ってしまった僕は
虹なんていらないと そうは思えないんだ

今 涙を拭いて見上げてごらんよ
南の空に虹が見えるかい
虹がないなら僕がかけよう 今すぐに

小さな頃に描いてた夢は 今も形を変えて生きている
そうさこの街に虹をかけよう 今すぐに
今 涙を拭いて見上げてごらんよ
南の空に虹が見えるかい
虹がないなら僕がかけよう 今すぐに

ひかりの次のアルバムの話をちょろっとだけ

Fri.03.12.2010
朝8時にする話じゃねーな(笑


おはようです。アオケンです。ども。

「ひかり」が発売になって、よーやっとちょっと肩の荷が降りた?というと全然全くそんな感じはなくて、もう完全に頭の中は次のアルバムのことになってます。
だから宣伝とか全然してない、ひかりのこと。だから売れないんだよ。。ダメだねこういうのは。セールストーク出来るんだけど、今はまだいいや、って思ってるね俺は完全に。
でもちょっとずつコアなお客さん、俺の人間性とかそういうんじゃなくて、純粋に音楽で好きになってくれる人が増えているのは実感あるよ。そういうのが、一番大事。

なんの話だよ。この酔っぱらいめが。

次のアルバムの話を、気が早いけどちょっとしたかったんだ。
今回のひかりはアコースティックギターの弾き語りの、ちょっと音が良い盤なんだけど(実際に「愛を歌え」は一発弾き語り)、次はアコギの重ねた音の中でめくるめく音世界と海にまつわるエトセトラってアルバムを作ります。

「ひかり」が一昨日出たばっかりなのにこういう話するのは俺、どうかと思うけど…

ジャンル分けってのはしてもしょうがないんだけど、敢えて言うとそれはスローなサーフな海な感じのアコースティックコンセプトアルバムだね。

急ピッチで作るよ。


んでさ、俺、ちょっと夢を語ってもいいですか?

windblowに出たいの。いつか、って思ってたけど、来年。
デタイデタイって言ってたってしょうがなくて、出たいならそれなりに結果出さなくちゃだめだし、ちゃんと色々やらなくちゃもちろんだめなんだけどさ。
でもどうしても出たいんだよね。あのイベント始まったときからずっと思ってた。

夢ってさ、言うことが結構大事じゃん。バカと思われてもしょうがないけどさ。実際バカなんだから。

でもなぁ、俺本当に出たいんだ。俺にとって海とかサーフとか、そういうのは今まであからさまに音楽で表現してこなかったけど、実は一番の中心なんです。ルーツ中のルーツなんすよね。海とか、そういう文化そのものが。


だから「サーフミュージック作ります」とか、そういうんじゃなくて。
好きだからやるっていう原点に戻ります。というかそれをやるのが強さだと思ったし、ストレートにやりたいと思えるようになった。その自信も「ひかり」を作ってついた。

「ひかり」は歌詞を聴いて欲しい。次のやつはきっと音の一瞬一瞬ももっと輝いてるはず。
来年の早いうちにだね。


何回も言うけど、俺来年windblow出たいっす。

出れるように頑張るよ。純粋に音楽の力でそれが出来るように。

「ひかり」発売しました。

Thu.02.12.2010
ひかりジャケット


アコースティックミニアルバム「ひかり」
2010/12/1 発売
\1500

1 風の便り
2 ひかり
3 熱病
4 愛を歌え
ボーナストラック:虹(studio live ver.)



発売しました。ジャケットが和風です。
UHUか、ライブ会場でのみの販売です。

タイトル曲「ひかり」がMyspaceで試聴出来ます。試聴ベージ

以前紹介したときから、収録曲が若干変更されています。
全曲が全曲、素敵な色合いのある曲になりました。
アコースティックギター+αのシンプルな構成。歌詞を是非読んで欲しい作品です。

完全手作り盤です。いいものが出来ました。
是非、聴いてみてください^^

topTop