Profile
酒と音楽をこよなく愛するシンガーソングドランカー
Studio ECHOオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまでお気軽にどーぞ!
Links
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

センチメンタルな気分じゃないのに。

Mon.28.02.2011
ちゃっきり横丁、予想以上というか、予想を遥かにうわまわる盛り上がりでした。
本当嬉しかった。幸せな夜をありがとうございました!!
横丁の人々は皆優しくて優しくて優しくて、歌っていてこんなに幸せなことはなかった。
歌を歌っていてよかったです。本当に、今日あの場所にいてくれたみんなに、ありがとう!!

なんだろうな、なんだか簡単に文章にまとめちゃってる自分が少し嫌だな。。
あの感動は、あの場所にいた人だけの秘密ってことで、いいかな?
それくらい、昨夜のライブの濃密さはすごかったのです。
アイラブちゃっきりちゃっきりちゃっきりな!!

何か、ライブを文章で振り返るというのは難しいね。きっと永遠に無理だ。
僕らが生きている全てのことがもうその瞬間を逃したら二度と表現できない。
もどかしい距離が、とてもとても愛しく思えます。
そんな、分厚いライブでした。

打ち上げで行ったピンパラも最高!
やらせてもらったワンステージ、楽しかったです。
またやりたいねぇピンパラ。マジで最高の店だなー!!もういやんなっちゃう!!!!


chuji、つばっち、ゆうきちゃんも、お疲れ。本当にありがとう。楽しかった。
今日は彼等のおかげで実現したライブでした。
最高の時間を夜を、ありがとう。


雨宿りで行った「のっち」。まさかタツキがいるとは。
タツキのアルバムを今ヘッドフォンで聴いてるよ。
ちくしょう。アホンダラに思いっきり毒吐いてやろうかと思ったのに、リアルタイムで聴いてると出来ないな。
のっち夫妻が言ってたこと、すごく優しい言葉だよ。


半ばグロッキーなタツキを連れて「ちえ」ちゃんに行く。
タツキ、いろんな人がいるなあ。いろんな人のいろんな意見があるなあ。
そして当たり前だけど、何を拾って、何を拾わないかは君次第だ。

何か自分の10年前を見ているようで、俺はタツキが何かにつけて気になってしょうがないよ。
むしろ君にとってはおせっかいでしょうがないことかもしれないけど。

当たり前にやり過ごせば当たり前にクリア出来ることが出来ないんだよな。
心の中では「わかってる、わかってる」って思うことが、どうしても突っかかってしまってそこでつまずいてしまう。
「不器用です」、なんて全然かっこよくないよな。そんな風にしか生きられない人間にとってはそんなの辛いだけだよ。
だけど、それを補って余りあるほどの幸せも、僕らは手にしてる。
何を大事に生きようか。何を愛してこれから生きていこうか。
俺はなんとかやってるよ。君もなんとかやって欲しい。
全てがおせっかいだけど。

ここまで書いて思った。
きっと僕らの先輩方も同じことを思って、僕らにお酒をおごってくれているんだな。
なんだか、人の優しさに涙が出るよ。
気持ち悪いけど、全ての人にありがとうと言いたい日もあるんだ。


タツキ、頑張ろうぜ。俺も頑張るよ。


センチメンタルな気分になってる訳じゃないんだけど、文章が非常に女々しいな。。。(笑


今日もいい夜でした。今週末のライブもいい夜にしたいと思います。
今週はいろいろ作ろう。僕に出来ることを淡々とやろう。

ちゃっきりちゃっきりちゃっきりな~

Sun.27.02.2011
昨夜は沼津Cefeにてライブでした。久々の(といっても二週間ぶりか)生音ライブ。
雰囲気は最高!生音でゆっくりやるのにぴったりのおしゃれな店内!
12曲、ゆるりと熱く歌いました。

IMG_0413.jpg
ミカちゃんのキャンドル。癒される。いい空気を演出してくれました。

cefeのトモさん、とっても雰囲気のいい方。これから仲良くなれそうな予感。

そして来てくれた皆さん、本当にありがとう!!
また遊びに行きます。



さて、今夜は久々に外で歌います。

◆2/27 (日)ちゃっきり横丁
静岡市葵区両替町2-3-4 / Map
START 19:00
TICKET FREE(横丁のお店のお好きなところに入ってください)
投げ銭ライブ
メンバー:青田ケンイチ(vo/g)、chuji(bass)、つばっち(per)


飲み屋横丁でライブやります。
お客さんは飲みながら、ゆっくりわいわいやってもらって。
酒が美味くなるような歌を歌いたいねえ。
アコースティックユニットでやります。パーカッションつばっちとは昨年のSofariiぶりの共演で、めっちゃ楽しみ。
ちなみに投げ銭ライブなんで、終わった後はいくらでも寄付金受け付けております(笑
僕も、ちょびっとだけ飲んでからやります。

さぁて今夜も愛を歌いますか!

唄に踊るものたち

Sat.26.02.2011
今日のUHUは「にほんのうた」だった。
楽しいねぇ、こういうのは。

日本の歌。

考えてみるとすごく範囲の広いもので。
僕はちょっと考え過ぎて範囲が狭くなっちゃったかもなあ。

河島英五さん「酒と泪と男と女」、佐野元春さん「ジュジュ」を歌う。
うーむ、気持ちイイぜ。最高の曲ですな。
今日はなんか、わりと酒が合う声を出した感があるっす。


出演者のみんなも今日は楽しかったんじゃないかなあ。
みんなそれぞれ楽しんでやってて、お客さんも気持ちよくその空気に乗っかってたのが今日一番の嬉しさだね。

こういうライブを毎回やりたいね。やらなきゃね。
どんどん気持ちよくなっていかなきゃ。

楽しんでいきたいねえ。
精進します。もっともっともっといい歌、歌います。


さて明日です。沼津に初上陸。キャンドルと共にライブやります。

◆2/26(土)沼津cefe
沼津市新宿町19-7 / Map
【青田ケンイチLIVE】ワンマンライブ
出演:青田ケンイチ&chuji
START 19:30
TICKET \1000


chuji(ウッドベース)とふたりでやります。
完全に気持ちいい空間になりそうな予感。いや~、むしろ俺が一番楽しみだもの。なるさーえぇ。



明日、僕すごい楽しみ。絶対いい歌、歌える気がするもの。
それは今日の企画があったから。UHUありがとう。

ところ変われば、変われども。

Fri.25.02.2011
石川の景色はいい。雪が残る田畑が遠く続く。
水墨画のようだなぁ。ここに住んだら表現が変わりそう。
この土地の人たちから生まれるものに触れたくなる。

車内はずっと笑いが絶えない。男3人石川ツアー。

初日からアットホームな店。Honky Houseは120人の人間が手持ち弁当で成り立たせているらしい。
そういうの、いいなあ。
そしてまた出演者、好きだなあ。みんな楽しんでるね。この店が好きなのが伝わってくる。
初日から随分飲んで、気付いたら朝だった。

DNA ROCK CAFE、静岡に欲しいお店だ。これが近所にあったら行くな俺。
代表のロベルトは本当にいい奴。みっちぃも良かった。というか天然だな、ホント(笑
千寿ちゃんも、最後の曲が好きだった。静岡に来て欲しいなあ。
2日目も酒を飲む。実はそんなに酔ってないんだけどね。
と思ったら打ち上げで潰れた。記憶なし。アチャー。
溜まりBAR 夕焼けの打ち上げは楽しい。

3日目。カレーを食べにいく。若干腹の調子が悪いが…飲み過ぎだな。
カレーは最高だった。金沢カレーという、ご飯の上が全部カレーで覆われているというタイプのものではなかったけど、大満足。美味かった。マスターもいい人。

観光もしたなあ。白山比神社、金沢城、兼六園、21世紀美術館、金沢の街並散歩。
どれも素晴らしかった。

CLAPTON、芽育も楽しかった。それぞれお客さんとの会話が一番楽しい。
そして思うのは、本当にびっくりするくらい、みんないい人だったということ。
感じが悪い人がひとりもいなかった。本当にそれが一番ありがたかったことかもしれない。


ひとつだけ悔いが残るのは、石川の料理をあまり食べていないこと(笑
カレー、ラーメン、うどん、ラーメン。最後の刺身定食以外は全て一皿ものばかり。
ツアーは時間ないから仕方ないけどね。でも次回はもっといろいろ食うぞ!!


またひとつ居場所が増えた気がして嬉しかったツアーだった。
音楽の方といえば、そちらももちろんいろいろ思うところあり、吸収した部分もあり。
また次に行くときまでに精進していかねばと思う。


さあ今夜もライブ。素敵な時間にしよう。



◆2/25(金)静岡UHU
静岡市葵区七間町9-10 ワイシーシー第二ビルB1 / Map
【にほんの歌】
出演 丸山研二郎、ナカムラシンヤ、青竹艶一 ほか
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET \1500(D別)

◆2/26(土)沼津cefe
沼津市新宿町19-7 / Map
【青田ケンイチLIVE】ワンマンライブ
出演:青田ケンイチ&chuji
START 19:30
TICKET \1000

◆2/27 (日)ちゃっきり横丁
静岡市葵区両替町2-3-4 / Map
START 19:00
TICKET FREE(横丁のお好きな店に入ってください)
投げ銭ライブ

石川~名古屋ツアー終了!

Wed.23.02.2011
無事ツアーから帰ってきました。

今回の旅は本当に実り多く、出会いの多い旅でした。
人の温かさにもたくさん触れることが出来たし、感動することが多かった4日間でした。
今回出会った全ての人にありがとうと言いたいです。本当に、ありがとうございました。

丸山研二郎、chujiという素晴らしいアーティストと2人で旅が出来たのも、僕にとっては大きな財産です。
2人にも本当に感謝。

とりあえずご報告まで。また近いうちに(ひょっとしたら後で)ゆっくりと書きたいと思っています。



さて、また次のライブが迫っています。

次回は明後日25日にLIVEHOUSE UHUにて「にほんのうた」を歌います。
この日は青竹艶一としてカバー曲を中心に歌いたいと思います。

翌6日は沼津にある「Cefe」で初ライブ。
ウッドベースchujiとふたりでのライブです。
ツアーで深まった演奏をお見せできればと思います。

27日は静岡街中のちゃっきり横丁で歌います。
chujiとパーカッションつばっちと3人で、飲み屋のひしめく横丁を歌い盛り上げます!
19時頃からスタート予定。


今回得たものを惜しみなくこれから還元できればと思います。
素晴らしい人生に乾杯!

オッサンは最高!でおなじみのアレです。

Thu.17.02.2011
僕の友達、イッヒーがデビューしました!パンパカパーン!!

オッサンは最高!という曲です(笑





今さっき電話で聞いて笑った。

まさか歌を歌い出すとは…(笑


是非聴いてみてください、ブログもあるみたいですねん。
http://blog.livedoor.jp/ihitosumi/

加賀100万石の国へ。

Thu.17.02.2011
おはようございます、アオケンです。

うーん、さぶい!!部屋の中でもダウン着てます、今(笑

明日から4日間、寒い寒い北国、石川県でございます。

マジでめちゃくちゃ寒そうだなぁ。。

ヒートテックを買うか迷ってたけど、現地で考えることにしました。

石川のいい空気、北国の料理、酒、人。

楽しみでございます。

ライブは帰りがけの名古屋を含め、4本。

楽しんできまーす!!


皆さんも風邪ひかないようにね。

リアルよりリアリティ。

Tue.15.02.2011
昭和天皇「ヒロヒト」を描く「太陽」を観る。
アレクサンドル・ソクーロフ監督、ロシア、フランス・スイス、イタリアの合作映画だ。
実質的にはロシア映画ということになるのかな。
3年ほど前にも一度観た。が、このときより深く落ち着いて鑑賞することが出来たのでここに書いておきたい。



エンペラー、現人神として君臨する日本の君主、昭和天皇。彼についての映画だ。
舞台は昭和20年、夏。終戦間際の東京で、当時昭和天皇は何を思って日々過ごしていたのか…。


現在日本では天皇について映画作品を作ったとしても、いわゆる「菊タブー」により一般公開は非常に難しいといわれてる。
これは未だどこか日本人に、天皇は神聖にして侵すべからずという道徳観が根強く残るからだと思う。
(本来なら日本人により確かな歴史考証がなされ、「ヒロヒト」という一人間の内面を描く映画や作品がもっと表舞台に立つべきだと思う。)

とにかく、これは外国映画として昭和天皇その人の1945年夏の数ヶ月を追った作品。

ストーリーについてここで細かくは書かない。そもそも史実に書き記されている出来事よりも彼の日常においての空気感を丁寧に汲み取った映画である。
冒頭からいきなり、侍従(という言葉でいいのでしょうか)の人々とのある種緊迫した空気から物語は始まる。
君主の生活に自由などどこにもない。
(この部分には若干ヨーロッパ的な様式の中での主従関係が見え隠れするように個人的には感じるのだが、これは観た人と話し合いたい)



そしてこの作品の最大のミソ、僕にこの作品についてここまで長文感想を書かせる最大の理由ーーーーー

それは、この作品が日本国の現在の象徴、天皇を扱っているにもかかわらず外国作品、中でもヨーロッパ、もっと言えばロシア監督の作品だということだと思う。
日本人のチームでは描けないことを大胆に描いている。
勿論外国から見たものが正しい訳ではない。日本には日本という国の歴史があり、そこには日本人にしか理解し得ない価値観があり、哲学がある。
(70年前の日本がどれほどまで欧米ナイズされ、その政治的中枢の空気まで日本古来の人間関係が尊重されていたのかは僕にはわからない。ただ少なくとも大政奉還から70年、日本がここまで西欧化されていたことにも驚く。)


しかしこの作品が素晴らしいのは、記録するという監督の姿勢だ。この作品を見終わった後、何か政治的な主義や主張を感じることがない。
これがこの映画の一番の凄みだと僕は思う。徹底したリアリティのみを目指して映画を撮っている。
勿論ロシア人の彼がリアリティを突き詰めていけばいくほど、日本人とはどんどんずれていくという事態に陥ることも可能性としてはあったと思う。
実際に作品を観ていて、ロシア人の彼に流れる根底が日本人の感覚や当時の資料からは外れたところもあるように感じなくもない。

が、僕はむしろこのロシア人の監督が自分の出来るだけのリアリティを信じ、その痕跡を映像の中に刻もうという気概を感じるという一点においてでも、この作品を評価したいと思う。



そして僕がこの映画の中でそんなところを一番強く感じた部分がどこかと言うと、それは彼(ヒロヒト)が結局、何も多くを語らないところ。
この撮り方が、なんとも潔い。
僕はディテール云々よりもそこに対して彼を監督として信用出来るのだ。






昭和天皇という存在。あなたはどう考えますか。

僕にはまだわからないです。あまりに膨大な資料の中、僕はきっと紙切れ一枚ほども読み切れてはいないように思う。
ただ、20世紀という戦争の時代に生きた君主として、彼を抜きにしては何も語れないのは確かだと思います。
僕たちが生きる21世紀の中、日本がもう一度戦争をする可能性もゼロではありません。いやいや、戦争はいつ起きてもおかしくない。
そんなとき大事なのは知識です。過去にあったことを学ぶことが大事。
戦争がどのようにして起こるのかなんて。。これほど難しいことはない。何百人何千人から何国という規模での話。
途方もなく大きな濁流ですが、考えることはやめてはならない。
情報社会に生きている以上、僕たちは与えられる情報だけに頼って生きるべきではないと僕は思う。
とにかく、これからもずっとずっと考え続けていくべきことであるのは確かでしょう。





さて、長文を書きましたが僕がこの作品を観て一番強く感じたことを書きます。
それは、リアルよりリアリティということです。

この作品はロシア人の監督によって描かれましたが、ハリウッド映画が作る嘘くさい日本の風景はワンカットも出てきません。
相当長い時間をかけて取材したんだと思います。
そこがまずリアル。

で、それを超えるんです。リアリティが。
たとえこの映画の話が嘘の世界だったとしても、それを超えてしまうような世界観がこの作品にはあります。

「本物よりも本物っぽい」ということです。
これが何より一番、僕がこの作品が目指す高みを感じた部分です。
気合い入れて作った作品だと思いますよ。
政治的な見方がたくさん介入する映画ではありますが、結構みんなそんなもんですよ。
映画も音楽も、芸術はそういうものに瀕して闘っている訳です。
芸術すらもそうなんだから、日々の生活がいかにそういうもんに冒されているか。

まあ、それはいいか。とりあえず。



映画は素晴らしい。如何様にも見方がある。やはり最高です。


ライブ終了!そして朗読した詩を載せます。

Sat.12.02.2011
スノドカフェのライブ、無事終了しました!
すごく楽しかった!いい夜だった!!

来てくださった方、生放送を視聴してくださった方、ありがとうございました!
また、良かったら感想を聞かせてちょ!

※今ならここでもう一回視聴出来ますよーん!
http://www.ustream.tv/recorded/12617472

で、今日は新しい試み、「朗読」をしたのでした。
慣れない試みだったけど、結果としはめちゃくちゃ楽しかった。というか、なんか気持ちよかった。
こりゃハマるかもしれんぞ。

てことで、今日やった朗読の詩を載せます。

愛をこめて、鳴り止まない音楽を。






部屋の中の空気が 均衡を崩した
この部屋の空間が 一点に そう、一点に
滑り落ちていったんだ 吸い込まれていったんだ

瞳を閉じると 暗闇の世界だった
重力は幾重にも重なり合い 僕は身体の行く先を見失った
宇宙と 僕の心 境界線はない

光だ 光が見えた あれは光だ
流星群 光の洪水が
遥か彼方から僕の周りを包む 
いくつもの夢を同時に見るようで
僕はもう目を閉じているのか 開けているのかもわからない

ベガ シリウス アンタレス
時空を超えていく
洪水となった光が 僕に降り注ぐ
何億光年も 何億光年も
僕はこの閃光の中にいたような気がする
孤独であることに涙しながら
永遠に孤独であることに


ふと気がつくと
光は一点に降り注いでいた
乳白色の壁をつたい 透き通った肌にしたたり落ちていた

それはもうひとりの自分の中へ
吸い込まれていくところだったんだと思う
ひとつになる瞬間を求めて
吸い込まれていくところだったんだと

そして一瞬を繰り返し 僕らは永遠に生まれ変わる
僕らはひとつだということに気付く


僕はベランダに出て 満天の星空を見上げた
そしてこの街の ちいさな光を見つけた
この街の中の ちいさなちいさな 光を

本日スノドカフェにてライブです。

Fri.11.02.2011
今日は雪ということだったんですが、静岡は小雨です。
どうせなら降って欲しいよ、雪。


さて、本日はライブでございます。


プリズムツアー(2)_convert_20110202215257

【LIVE IN THE PRISM 2011】

会場:オルタナティブスペース スノドカフェ
日時:2011年2月11日(祝)
出演:丸山研二郎、青田ケンイチ+chuji
OPEN 19:00 / START 20:00
TICKET adv\1800 / door\2000(飲食別)




ライブCM


いい夜にします。お待ちしてます。

健康健康と言われても

Sun.06.02.2011
何を以て健康というか、よくわからない

僕は今年に入ってあんまり煙草を吸わなくなった

19から10年間吸っていたが4年ほど前に一度禁煙し、3年ほど吸わなかった時期があった。
なんの理由があるという訳ではない。適当に吸いたくなったときに吸い、吸いたくなくなったときに吸わなかっただけ。
禁煙に仰々しい理由を付けるとロクなことはない。
去年の正月から、禁煙する意味もないと思いまた吸い始めた。


何を以て健康というのか。よくわからない。

健康のためなら死ねるというような奴をたまに目にする。本気でそう思っていそうで嫌だ。
長生きすることが健康なのか。長生きする過程がこっぴどく不健康だが。

何故長く生きたいのだろう?病気をしないということが健康だという人に言いたいが。
病気しないように過ごしてるその日々の方がかえって病的だって。
「自然自然」って病的に繰り返さんでくれ。

80年何事もなく生きることが健康なのか。何度も思うがそうだろうか。

自分のライフスタイルをまず見つめることが大事じゃないかね。何が自分にとって一番大切なのか。
病気と付き合っていくということが大切だ。病気を認めるということが。
長く生きることがイコール健康じゃねーよ。


僕個人としての考えを少し述べさせてもらっても良ければ、僕の考える健康とは「一日でもいいから自分の好きなように過ごせる時間があること」だ。
だから自分の意志に反した処置をされても困る訳だ。好きに生き、好きに死ぬということが僕にとっての健康だから。
勿論家族や近くにいる人に迷惑もかけるだろう。だけどそれがなんだというのか。
僕もまた、家族や近くにいる人から迷惑をかけられたいのだ。
我慢や苦痛を伴うやり方を、僕は健康とは到底思うことはできない。


健康って何だろうと考える。

結構それは何にも考える余裕のなかった、昔のような死に方や生き方をすることなんじゃないだろうか。

健康優良児の、周りを見てない意見、てことで。

ライブ告知CMがアップをはじめました。

Fri.04.02.2011
来週の金曜日、2/11(祝)に清水のスノドカフェで主催イベントを開催します!
ぱちぱちぱちぱち!!



こんなん作ってみました。





今までにないライブになると思いますので、是非遊びに来て欲しいと思います。
お待ちしています!

【LIVE IN THE PRISM 2011】

会場:オルタナティブスペース スノドカフェ
日時:2011年2月11日(祝)
出演:丸山研二郎、青田ケンイチ+chuji
OPEN 19:00 / START 20:00
TICKET adv\1800 / door\2000(飲食別)

よーやく復活!

Wed.02.02.2011
というわけで、復活しました。
まだ咳は出るし、喉の調子はよくないですが熱は下がって体調もなんとか復活。
日曜のライブに来てくださる予定だった方、すみませんでした。

4日間くらい死んでたなぁ…
ただ寝てただけなのに4日前が遠い昔のような感じがする…
タミフル効果で色んな幻覚が見えたときはちょっと面白かったです。

早く喉を治してガシガシ突っ走りたいと思います!
これからもヨロシクお願いします!



さて。

早速ですが主催ライブのお知らせを!!

今月11日(祝日)、清水のスノドカフェでマルケンこと丸山研二郎とツーマンライブを開催します!!


プリズムツアー(2)_convert_20110202215257
↑クリックで拡大します


【LIVE IN THE PRISM 2011】

会場:オルタナティブスペース スノドカフェ
日時:2011年2月11日(祝)
OPEN 19:00 / START 20:00
TICKET adv\1800 / door\2000(飲食別)

出演:丸山研二郎、青田ケンイチ+chuji


詳しいことはまた随時書いていきますが、
今までやったことのない企画がたくさんあります。

是非遊びに来てください!!

topTop