Links
Profile
音楽、酒、海をこよなく愛するシンガーソングドランカー
ECHO Studioオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまで
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70年前だって俺たちは

Tue.08.01.2013 1 comments
ただ怖がってちゃいけないだろ、ほんの少し前に現実にあった出来事だって思うよね。そしてそこで死んでった奴らがいる。生きたかったけど生きられなかった。俺が彼らに何故美しさを感じてしまうんだろう?その価値観すら日本人的?いや…
覚悟を決めたことが美しい?いや違うよね。覚悟なんてわからないほど若かったんだぜ彼らは。美談だけじゃない。
だけど、少なくとも自分に真っすぐにならざるを得なかった訳じゃない?彼らは。
そこの一点なんだ。それって悲劇だよ。そんなに追いつめられる人生なんて辛いよ。でも当時はそうだった。
俺たちだって今そういう状況になったらそうなるよね。でも、そうなっちゃいけないよ。
そういう状況になっちゃいけないんだ、本来は。

でも否応無しにそうなってしまうしかない人たちが彼らだった。彼らの思いを手紙で見ると俺らには何も出来ない、何も言えない。
そこにあるのは人間の、生きるものの消えそうなただひとつのぬくもりと哀しさだけなんだ。
俺はそこにどうしようもなく惹かれてしまう。
別に悲劇好きってことじゃない。
たださ、それを知ってなきゃ、またやらかすぜ、戦争。

« iKnowsより皆さんへ重大なお知らせ - Home - あけましておめでとうございます。 »

- comments
1 comments
そうですね・・・。
正にその通りだと思います(ρ°∩°)未だに戦争している地域もありますが、考えて欲しいですね|( ̄3 ̄)|切に思います(‘o‘)ノ
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。