Links
Profile
音楽、酒、海をこよなく愛するシンガーソングドランカー
ECHO Studioオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまで
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りりィさんのこと

Sat.12.11.2016 0 comments
訃報から半日経って、歌を聴いて、顔をずっと思い出していたら
ミュージシャンとしての話をもっと聞きたかったことに気付いた。

クロがUHUに連れて来てくれたりりィさん。
正直なことをいうと、俺は最初全然興味なかった。
あなたのことをリアルタイムで知ってる世代じゃないから、そう思っても仕方がないでしょ?

あなたに惹かれた最大の理由は、あなたの人柄でした。
全然、偉そうなところがなかった。
芸能人オーラを、あなたは「消して」現れてくれました。
いや、そんなこと全然思ってない人なのかな?
俺はまだそれをしらない。
でも、ありがとう。だから好きでした。

優しさの後ろには哀しみがあるんですね。
あたりまえのようだけど、今あなたを思うとき、そんなことを真摯に感じます。
それに照らしてみて自分を思うと、僕は今まで随分子供でした。
恥ずかしいです。
今は、少しだけですが哀しさがわかるようになりました。


なんというか、うまくいえない。
ただね、クロがさっき言ってた。安らかな顔だったと言ってたから、少しだけ僕はそれが嬉しい。

もっと話したかった。話しかければよかった。
人は死んでから褒められるけど、本当はそういうの嫌だ。
生きているときに会って話してわかりあいたい。
そうでなければいけないと思う。
そうでありたい。
りりィさんのことを、りりィさんが生きているうちに書いて、そしてもしかしたらこのブログを見てくれて、ちょっとだけでも喜んでくれた方が、全然よかったよ。


僕はね、りりィさん。未だこんな歳になっても何ひとつ成し遂げていない人間だけど、諦めてないんです。
来月からスタジオ付きの家に引っ越すよ。遊びに来て欲しかったです。
そこでこれから新しく創造していくよ。いいもの作ります。
約束します。見ててください。

17歳で酒場で歌いはじめたんでしょ?俺もそうでした。
東京に行って、何がなんだかわからないまま、いろんな人に出会って、最高の出来事も、クソ最低な出来事もあって(笑
それで今がある。
なんだか昔描いてた明日とは全然違うところにいるけど、それでも今はしあわせだよ。
でももっとしあわせになるよ。


なんだろう、こういうことを聞いて欲しかった。
こういうことを聞きたかった。
先輩、早いよ。

洋士さん。
いろいろ生意気なこと言って、ごめんなさい。
許して欲しい。僕バカだから。
同じツンデレってことで許してくれないかなぁ。。
また焼き鳥食いたいです。
また一緒にライブ出たいです。僕のスタジオに遊びに来て。
レコーディングしてください。格安です(笑


何を書いているんだろう。わからん。
何がいいたいのかも、わからん。
訃報から数時間経って、りりィさんの歌を何曲か聴いている。
今も流してる。
この歌、もう生で聴けないのか…?

そう思うと涙が出てくる。悔しい。

また焼き鳥食ってワイン飲みたかったよ。
洋士さん、今度りりィさんの話、また聞かせてよ。。


ダメだ、もう訳がわからなくなってきた。でも読み直さない。これが今の気持ちだ。
乱文失礼。おやすみなさい。

« 鳴り止まない - Home - りりィさん »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。