FC2ブログ

君がくれたんだぜ

ありがとう。
君が現れてから、僕の世界は明るい方向へ一気に進んだ気がする。
10年前に僕が書いた歌の歌詞のようだけど、これは本音です。
君は僕の太陽そのものだった。
ありがとう。

君が指摘してくれたことは僕の糧になっています。これからも。
本当です。いい歳しているけど、小学生のように素直に君の言うことを聞くようにしました。

僕は君がちょっと不思議で、そして癇に障ったことがある。
君のあざとさも計算高さも僕は一瞬で見破った。
それでも君が僕を惹きつけた要因は、
君が最後に必ず「とにかく明るい◯◯」になったから。
僕はそこに惚れたんだ。

酔ってひどいこと言った。
馬鹿だった。
本当にごめんって思ってる。

でも、「次の彼氏はきっとそんなこと言わないだろうから、そういう人と幸せになってね」
なんて俺は死んでも思わない。
これは酷い、酷い試練だ…。

どうにもならない、どうしていいのかもわからない夜です

静かに静かに、待ち続けるべきなのか
それとも好きという気持ちがいびつに形を変えてしまう前にこの気持を放棄した方がいいのか
わからない

それでも僕は昔よりも大人になった
投げやりにならないということだけは学んだのだ。


君を失いたくない。

一生懸命生きよう。うん。それだけだ!

ちゃんと生きよう!ちゃんと生きるってなんだろう?
いやいや俺はもうそんなん知ってるやろ!

もっとみんなと関わって生きていこう。

青田ケンイチ(アオケン)
Posted by青田ケンイチ(アオケン)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply