FC2ブログ

上を向いて歌う理由(わけ)

この文章を読んだら、今日寝る前の心がとても穏やかになった。
もっと軽やかに生きよう。


三波春夫が老人ホームのボランティアに行った時のこと。ボケ気味の彼のファンのおばあちゃんが、彼が来ると歌い始めましたが、どれも彼の曲ではありませんでした。
「・・・おばあちゃんが唄っていたのはわらべ歌とか数え歌とか、三波春夫さんとは関係ない歌ばかりなんですが、三波さんは、その歌をひとつひとつ一緒に唄うわけ。すると、ホームのご老人たちもみんな一緒に唄う。まさに歌声喫茶のような雰囲気ですよ。三波さんは『私の歌はいいですから、このままみんなで唄いつづけましょう』って。・・・そのホームからの帰り道、三波さんがしみじみと言うんです。」

「永さん、私は、自分が行って唄ってあげれば喜ぶだろうと思っていた傲慢さがとても恥ずかしい。みんな、自分の歌をもっているじゃないですか。その歌のなかに入ってみて、本当に勉強になりました」
永六輔「上を向いて歌おう」より
青田ケンイチ(アオケン)
Posted by青田ケンイチ(アオケン)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply