FC2ブログ

静岡に帰ってきた

---明日のライブ情報---
◆8/3(金)三軒茶屋Grapefuit Moon
東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1 / Map
出演:塚本晃、坂本健、matsueri、青田ケンイチ
open18:30/start19:00(出番は19:00~19:50)
ticket\1900(+1D)
お問い合わせ:tel/03-3487-8159 mail/info@grapefruit-moon.com
※インターネットでライブの様子が生配信されます。
こちらから→LIVE cheers!




27日に静岡に帰ってきた。
早い。もう一週間じゃん。
結局二週間弱も沖縄にいた。
7月はライブと沖縄で終わった感じ。
まあ、たまにはいいかもね、こういうのも。

沖縄っていうのはすごい場所だね。
ほんっとうに、いろいろ感じさせてくれた。

あのゆるさ。
実はわりとすんなりゆる~くなっていけたんだよ、俺は。
普段からゆるいから(笑
でも生き方が変わるからこそ音楽性も変わるんだろうな、ていうのを肌で感じた。
生き方、っていうか、生活かな。毎日、日々のことで音楽が変わっていく。
俺の音楽性も変わるかもしれないなぁ。

どう変わるかは冬のアルバムから先のお楽しみだけど。

俺は所詮観光客なわけで、たかだか数日の滞在者だったわけだけど、それでもあの沖縄の自然にはどうしても心が素っ裸になってしまった。

何日も何日も朝から晩まで海で過ごしたさ。


前の日記にゆーこ姉がコメントしてくれたことも、ずーっと今回考えてたよ。
沖縄の悲しさ、哀しさってなんなんだろうって。

あんなに賑やかな商店街も、優しいおばあの笑顔にも、そして三線の音色にも宿るあのどうしようもない悲しさ。
陽気なんだけど、その'陽'の中に隠されてる哀というか。
海とか空がやたらめったら青いから、余計に人に哀しさを感じるんだよな。
コントラストとしていっそう哀しさが浮き出るというか。
悲しいでもあり、哀しいでもある、あの空気。

あれは一体なんだったんだろう。

「私たちは戦争に負けたから、こうして日本の畳を敷いている」
首里城の中にいたガイド役のおじさんが言っていた。

「負けた国は、そりゃあ悲惨よ」

もともと日本じゃなかった国が薩摩に負けて日本語使わされるってこと。
(もっと昔からの話をすれば元来沖縄弁は日本語からの派生らしいけどね)
んでもってそんな日本とアメリカの戦争に巻き込まれて挙句の果てに地上戦だ、米軍基地だ、って、そりゃ酷いよな。
おじいおばあのそのまたおじいおばあくらいからずっとそういう悲しみが血を通して受け継がれているんだと思う。
だから簡単に理解することは到底無理だろうし、わかったような顔もしたくないけど。

まあさ、そんなこと言い出したらそれこそ日本だって欧化は進みまくってもう何だかわかんなくなっちゃってるけど。
でも負けたからこうなった、っていう意識が希薄だけどね、本土は。
そこの話は今日は書かないけど。

ただあれだよ。
確かに言えることは、俺沖縄を前よりずーーーーっと好きになった。
哀しさなんか吹き飛ばせ!っていう沖縄の人たちの明るさ、優しさが好きになったよ。

そして個人的にはこの時期に行ったのも本当によかったな。


で、ひとつだけ言わなきゃいけんことが。

沖縄滞在中、一回もギター触ってません。
初日のライブ以外はね。

ええ。僕は沖縄に曲作りに行きましたが何か。
あまりにも世界が綺麗で、ギター弾いてる場合じゃなかったんだよ。
ていうか完全にミュージシャンのスイッチ切ってたかも。
まぁでも、そのほうがいい場合って結構あるんだよ。

はいはい作りますよ今から。

あ、そうそう。
明日、三軒茶屋でライブです。お待ちしております。
青田ケンイチ(アオケン)
Posted by青田ケンイチ(アオケン)

Comments 7

There are no comments yet.

タッケ  

沖縄・・・俺もまた行きたくなりました。俺の場合は本島だけど。

今後に期待してます!

2007/08/03 (Fri) 02:12

Mattsun  

ひさしぶり!

ギター弾いてないか(^^)音楽忘れる時間も大切かもしれないね。
後から沖縄のイメージが歌になってドドド!と降ってくるかもだ。
三茶のライブがんばってください。

2007/08/03 (Fri) 10:01

ゆーこ。  

おいおいっ!ギター触ってないのかよ!笑

戦争の話。うちのおばぁの話をひとつ。
うちの春子おばぁは戦争だってことで急いで早くに結婚。
おじぃは召集され、その後に妊娠発覚。
おじぃに伝える術もなく、大きな腹をかかえて、地上戦中、その辺の死体を一生懸命避けながら走る。
そして陣痛。防空壕もいっぱいで入れない。
そこで、兵士一人ぐらいが入れる防空壕を回って、兵隊さんに事情を説明してそこを貸してもらおうとするも、4箇所で断れ。。
5箇所目で、少しならと貸してくれた。
そして、初産にも関わらず一人で出産。
その兵士から借りた錆びた刀でへその緒を切る(その後そこが化膿して大変だったらしいw)
防空壕を1時間貸してくれた兵士に子供の名前をつけて欲しいとお願いしたところ、

『勝子。。。。いや、和子にしよう。』

といういきさつで生まれたのがうちの和子おばちゃんなのよ♪

って長いコメントになってごめんなw
なんなら消してくれ(笑)

どこにでも色んな歴史があるよね。
それを忘れることがないようにしたいね。
平和、万歳!
あおけん、万歳!笑

2007/08/03 (Fri) 11:04

Hiro  

お帰りなさい~
向こうでギター握ってなかったとしても、きっといろんな風景や感覚が染み付いているだろうからいい曲ができるかな
頑張ってくださいねぇ~

2007/08/03 (Fri) 11:30

へむぅ  

おかえり~
嗜好や思考や志向が変わる経験だったみたいで
うらやましいですw

2007/08/03 (Fri) 21:26

ジル  

おかえり!!
沖縄で素敵なことがたくさんあってうらやましいです。

2007/08/04 (Sat) 07:49

門間昭雄  

お帰り、精神的にゆる~い日本へ

お帰り。日本は、静岡は、そして東京はどうですか。沖縄では曲書きをしなかった(笑)それはおもしろい!青田らしいね(笑)。あの後、俺はSTREETと平行してライヴハウスを4本やり、来週あたりからレコーディングにも入る予定です。青田に少しでも追いつくように…。静岡での青田との関係やライヴはおもしろかったよ。これからも青田の背中を見て追いつくように頑張るから、たまには飲みましょう!あ、ちなみに「ぼら鳥」へは行くので、その時にまた沖縄の話、聞かせてください。年上だけども弾き語りでは後輩の門間(笑)でした!

2007/08/05 (Sun) 01:16

Leave a reply