Profile
酒と音楽をこよなく愛するシンガーソングドランカー
Studio ECHOオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまでお気軽にどーぞ!
Links
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

日本を応援している訳です。

Mon.09.03.2009 1 comments
今日のWBC、韓国は死ぬ気で来る気がします!!

こないだのコールドゲームで「母国の恥」とまで言われた韓国勢、昨日は中国に14対0の圧勝ですからね。
多分めっちゃくちゃムカついたんでしょうね、5日のゲームが(^^;
今日はビールを飲みながらゆっくり観戦したいと思います!いってまえJAPAN!!れっつごーれっつごーなうぅっ、フォーーーー!!

しかしWBCにしろオリンピックにしろワールドカップにしろ、国同士が戦う試合ってやっぱりすごい。
だって普段「この国はダメだ」とか「日本嫌い」とか言ってる人だって試合になれば間違いなく日本応援するもんね。この国がひとつになっとる。
やっぱり国を代表して戦ってくれてる選手には勝ってもらいたいと思うのが普通だだし、選手たちが背負っているプレッシャーを考えたら、なんとか頑張って勝利をものにして欲しいと思うよ。
そして表彰台の真ん中に日の丸をドカーンとかざしてくれー!と思うもん。当たり前だよね。

でも、いくら日本を応援しても相手の国を憎んだりする気持ちにはまったくならない。
これも当たり前だよね。自分たちの国の選手が一生懸命やってるのがわかるから、例えばこちらが勝った時、相手の選手が悔し涙を流してるのを見たらそりゃあ同情心も芽生えるし、同時に彼らを称えたくなる。逆に相手が勝ったら、悔しいけども素直に相手の健闘を称える。単純だけどそれって素晴らしいことだと思うんだよね。
自分の国を愛せるから、初めて相手の国に敬意を表せる。それが本当の意味でのナショナリズムだし、そうあって初めてインターナショナルであると僕は思うんだよね。


どの選手もみんな、母国の誇りを肩に背負い、胸に抱いてプレイしている。
だから僕たちは感動する。元気付けられる。最高ぢゃんか。ちくしょう。
そこまでの規模とはいかなくても、僕も守りたいものや大切なもののためにささやかながら自分の出来ることをしていきたいと思います。
さあ、今日はみんなで日本を応援しようじゃないか!

« コンプレッサー - Home - 伝説の新聞勧誘 »

1 comments
日本、負けちゃったね。んー残念。。


先週末、こんなことがありました。
会社の近くに中華料理屋があって、帰りにラーメンを食べようと久しぶりに立ち寄りました。
お運びの店員は中国人の若い女の子。日本語は、なかなか上手。
でも接客態度は、一般的に日本人が中国人に抱く印象そのものの気質で、オーダーを取るにも料理を運ぶときにもツッケンドン。決して愛想が良いとは言えませんでした。(まぁ、国民性だから仕方ない…。)

私は食事を終え、彼女に会計をしてもらい釣り銭をもらうとき、『謝謝!』と言ってみました。(少ーーし中国語のレッスンを受けているので、話しかけてみたかった…)
すると彼女は一瞬驚いた顔をした後、笑顔で『再見!』(また今度ね!)と言って送り出してくれました。
嬉しかった。言葉が通じたことがじゃなくて、
なんだか私の友好的な気持ちを分かってくれた気がしてね♪


WBCとは全く関係ない話をしちゃいましたが、最近の出来事だったせいか、今日のブログを読んで思い浮かんだのでした☆
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop