Profile
酒と音楽をこよなく愛するシンガーソングドランカー
Studio ECHOオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまでお気軽にどーぞ!
Links
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

日食について一回考えを書く。

Tue.15.09.2009 0 comments
と、こういうタイトルっていうのはあんまり好きじゃない訳で。
「君子は日に三転す」というのが僕の座右の銘なので。
結局死ぬまで真実はわからないだろう、というのが僕の真実だ。

まあ、日食で人生観が変わったという奴に対してのアンチテーゼをここで唱えたいという趣旨であるには変わらないんだけど。
と言っても今時点においても僕の心の中の振り子が左右のどちらかを示すという状況には至っていないので、これはあくまでも日食から二ヶ月弱経った僕という一人の人間の小さな考えです。

9月15日現在の青田ケンイチの頭の中においては、日食という現象が特に噂に聞くところの「人生観が変わる」という変化をもたらすには至っていません。

…。

と ここまで書いてめんどくさくなったので終わります。
つづく。

じゃあダメか。なんかどーでもよくなってきた。

まあ 涙は出たし鳥肌は立ったし、それなりにすごかったけどね。
でも正直、人生観が変わるなんていうのはもっと全然次元が違うことだと僕は思うけど。
「人生観が変わる」っていうフレーズを安く扱いすぎじゃないかい?
どんだけ安い人生だよ。

すごく偉そうなことを言わせてもらえば。
きっと僕はこの先の人生で、例えば月や火星に行ったりコロニーのような場所に移住をして地球を眺めることになったりしても、
もしくは太陽のコロナの中に入れるような宇宙船に乗ったとしても(百万度だっけ?無理か…)、
中性子星の上に立って、その地上から見える(見えないけど)クォーク星を眺めたとしても、
おそらく「人生観」は変わらないと思う。なぜなら僕の頭の中は最初っから「なんでもアリ」だから。
全てはひとつだからよ、そんなのははっきり言って当たり前だしな。
今書いてて思うけど、オレなんかは頭の中に常識がない分、非常識がない。なんだって楽しめるし、なんにでも感動できる。別に対象は何だっていい。

だから日食は「地上最強の天体ショー」であることは間違いないのはわかったんだけど、「人生最大のパフォーマンス」では決してない訳で。
そういう意味で言うと、やっぱり「人」が一番面白くって、切なくって楽しいと思うぞ。

天の行いも、認識するのは人間だもん 当たり前っちゃ当たり前か。
脳みそおもしれー。
はい、結論なくてごめんね。酔っぱらいやけん。

16日に会える人は会いましょう。UHU3周年イベントだよ。
オレらのバンドは21時過ぎから。熱くゆるく、楽しくやるよ!来てね。

« UHU3周年 - Home - sprout »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop