Links
Profile
音楽、酒、海をこよなく愛するシンガーソングドランカー
ECHO Studioオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまで
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕もまたバカでしかいられないのだ。

Fri.27.08.2010
何度かしかお会いしたたこともない静岡市議会議員のまつや清さんのmixiブログに政治素人バリバリの質問をし、あろうことかご丁寧に何十行にも及ぶ長文レスを頂いた。

まつやさん本当にありがとうございました。
またお話聞かせて頂きたいと思います。


そしてそんなときに僕が心底思うことは、自分自身が何を以て今生に表せる義があるかだ。
僕は本当に小さい人間で、未だに自分のことばかり考えて生きている。

僕が人生の天職として選んだ道はミュージシャンだ。
でもそれはあくまで人の娯楽、生活の隙間にあり余剰の快楽であらねばならぬと思う。
芸人が河原乞食以上になって地位を得ることに僕は本能的に違和感を感じる人間だ。
スターであっても太陽であってはいけないと思う。格好つけた言い方に自分でも反吐が出るが、それが紛れもない本音だ。
なぜならそもそもミュージシャンは破滅的にどうしようもない快楽至上人間であらねば面白くないからだ。面白くない。これが音楽の本質だからだ。


…あー肩こった。
難しい書き方しやがって俺。
少文字数で簡潔に書くには漢字使ったほうが楽なんだっす。



と、ここでやっと本題に入ります。

これは僕の生き方の、というかこれから生きていくにあっての自分自身への警告でもあるのですが、かなり的を射た事実であると思っていることなんですが。
はっきり言って人類至上最強のプロパガンダは「音楽」だという事実。限定すれば20世紀ポピュラーミュージックのこと。
いいことでも悪いことでもあるけれど、それが事実。若者はLOVEとLIFEにしか興味がないだろう?あ、俺もか。なはは。
ロックを初めとする前世紀の偉大な音楽が、全ての若者の価値観を擬似的に正しいと刷り込むことを文化として大人の世界に認めさせてしまった。これは人類にとって大きな価値観の変化だと僕は思う。


けどここから書くことが本当は一番大事。

ジョンレノンもボブマーリーも、マーヴィンゲイもボブディランも。
誰でもいいけど、この人たちははっきり言ってアホンダラ、バカですからね。大多数の人間の価値観からすれば。
ただこの人たちは自分の価値観をゴリ押しする力があまりにも強かったので、それはそれとして世に認めさせてしまったのだ。

なにが言いたいか。つまりはバカにしか、俺もまたなれん。そういう風にしか生きられん人間だ。
自分を本当にバカだと思うが、バカでいいじゃないかと、誰よりも強くそう思っている。
バカとバカ以外で世の中が作られているとすれば、僕にはそのバカという言葉の持つ意味が人々とは時に逆に思える瞬間が多いだけなのだ。

いつも大多数の人間の間の中には居場所がなかった、という今敏さんの最後の日記をふと思い出した。僕もまた、という言い方はすでにこの時点で矛盾しているが、あえて言おう。僕もまたバカでしかいられないのだ。

« 海が見えるだけで - Home - 吉報に胸躍る。 »

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。