Profile
酒と音楽をこよなく愛するシンガーソングドランカー
Studio ECHOオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまでお気軽にどーぞ!
Links
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひかり」歌詞を一挙公開!

Mon.06.12.2010
こんにちは、アオケンです。今日は「ひかり」に収録されている曲の歌詞を全部公開しまーす!
まだ聴いてない人も、読んでみて気に入ったら是非チェックしてみてください。


青田ケンイチ「ひかり」

1 風の便り
2 ひかり
3 熱病
4 愛を歌え
Bonus track:虹(Studio live ver.)





風の便り

晴れの日も雨もこんな曇り空の朝も
同じように愛しく思えたならそれは
幸せだと言えるのかもしれない

物語の主役はひとりだけじゃないかもしれない
だけどいつも主役になりそびれてしまう君よ
今日は君のことを歌いたい

風の便りが僕のもとへ 君の暮らしを伝えてくる
優しい目をした君が今 どうか穏やかでありますように

晴れの日も雨もこんな曇り空の朝も
路傍の石のように静かにたたずんでいる
君の目は今何を見ているの?

さよならの数が出会いより 多くなってきたこの頃は
君がくれた言葉がやけに 胸に残って離れない

君の目は今何を見ているの?

風の便りが僕のもとへ 君の暮らしを伝えてくる
優しい目をした君が今 どうか穏やかでありますように

いつも悲しみが少しだけ 後ろに付いてまわるけれど
君がくれた言葉がやけに 胸に残って離れない



ひかり

ありのままの自分を探して旅に出て
ありもしない自分を演じたこともあった
それでいいのさ それもまた君です

その心が 体が 何かを求めてる
今そこにいるあがいてる君を僕は見たい
それでいいんだよ もう君の時代が来るよ

誰もいない道のり 走り出した君の
果てのない旅路に一筋のひかりが
どうか照らしますように

ひとりきりは孤独じゃない 君は知ってるはず
その瞳が映すのは君だけにある世界
それでいいんだよ もう怖がることはないさ

空に映す無数で限りない未来
どれでも選んで好きなように描けばいいさ
そこにあるひかり

誰もいない暗闇 明かりなどなくて
それでも止まらない 迷いながら何もかも引き連れて君は

空に映す無数で限りない未来
どれでも選んで好きなように描けばいいさ
そこにあるひかり



熱病

花の匂い 君の香り 思い出す
さわれない かえらない かわせない 何もかも
乱れる髪のままで 爪の先まで 夢を見てた
終わることなど想像もできないほど

止みそうもない雨が降る
待ち人は来ない
この両手が君を抱きしめたいと疼いてる 今でも

風の匂い 君の季節 思い出す
きこえない とどかない あいせない 何もかも
忘れたい 忘れたくない
君が巣食うこの心

止みそうもない雨が降る
待ち人は来ない
この両手が君を抱きしめたいと疼いてる 今でも

寂しげに笑う 君を見た
あのときのこと
きっと君もこんな風に泣いていたんだろう そうだろう

寂しげに揺れる 声がする
終わらない痛み
もう眠ってしまおう この熱病が終わるまで



愛を歌え

ねえ、そろそろ行かなくちゃ そこで待ってる人がいる
手を差し伸べて 扉を開けるよ

真っ白な今日の君は 壊れそうなほど綺麗だ
早く行かなくちゃ 言わなくちゃ
こぼれ落ちてしまいそう

何度も何度も 君を焼き付けたいから
そう何度もそう何度も 笑っていて欲しい
愛してる 愛してる この魂が言うんだ
そう何度もそう何度も 愛を感じているんだ いつも

ねえ、そろそろ言わなくちゃ 例え様のない思いを
願いごとはもう 叶ったと
君に教えたい

何度も何度も 君を焼き付けてきたよ
そう何度もそう何度も 傷付けてきたけど
愛してる 愛してる この魂が言うんだ
そう何度もそう何度も 愛を感じているんだ いつも

何度も何度も 君を焼き付けたいから
そう何度もそう何度も 笑っていて欲しい
愛してる 愛してる この魂が言うんだ
そう何度もそう何度も 愛を歌っているんだ いつも
愛を歌っていくんだ いつも





君の手のぬくもりを知った あの日の僕は
こだまする人々の誘惑をすり抜けた
揺れている 揺れている 風が吹きすさぶ中で
もう一度 もう一度 虹をかけよう

小さな頃に描いてた夢は 今も形を変えて生きている
そうさこの街に虹をかけよう 今すぐに

君の手のぬくもりを知ってしまった僕は
虹なんていらないと そうは思えないんだ

今 涙を拭いて見上げてごらんよ
南の空に虹が見えるかい
虹がないなら僕がかけよう 今すぐに

小さな頃に描いてた夢は 今も形を変えて生きている
そうさこの街に虹をかけよう 今すぐに
今 涙を拭いて見上げてごらんよ
南の空に虹が見えるかい
虹がないなら僕がかけよう 今すぐに

« 「ひかり」超長文全曲解説ライナーノーツ!Vol.1 - Home - ひかりの次のアルバムの話をちょろっとだけ »

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。