Profile
酒と音楽をこよなく愛するシンガーソングドランカー
Studio ECHOオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまでお気軽にどーぞ!
Links
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

これ書いてから曲作る。

Thu.16.12.2010
もう今日はリハも終わって帰ってきて、いい感じで曲を作るつもりだったんだけど、mixiの水嶋ヒロさんのニュースを読んでたらちょっと書きたくなった。
訳が分からない方はYahooとかに彼の小説のニュースが載ってるので是非見てみてください。

これはねぇ、まあ叩かれるわな。彼が小説を書く。賞を取った。賞賛の声と同じくらい、いやそれ以上に叩かれる声が上がるよそりゃ。

超絶なイケメンが俳優蹴って小説家だ?何様だと思うよ人は。世の中ナメんじゃないよと。
顔だけで俳優やって金稼ぎやがって、どんだけいい思いすりゃ気が済むんだと。
普通の人はこう考えるさ。俺だって普通に考えりゃそう考えるさ。

でもねぇ、僕は今回の水嶋さんの小説に関してやたら叩かれるのは、まあ当たり前だし解りきってたけど腹立つね。
「読めよ。まず読めよ」と、もうそれだけですけど。読んでもないのに叩く奴。頭悪いとしか言いようがないね。

でもね、これ、読んでもらえてからでもきっと正しく評価はされないと思うよ。少なくとも10年くらいは。
悲しいけどそういうもんなんだよ人は。嫉妬心なしで彼の小説を読める人は発売日に買う人の中ではごく少数だろうね。
悲しいけどそれが人間でしょうね。
いつだってなんの先入観も持たずに人を判断出来ることなんて出来ません。出来る奴がいたら会ってみたいよ。

僕はこういう事例では有名人に味方する方なんだけど、今回は正にそう思います。まず読めって。
僕も読んでみて良くないと思ったら批判しますよ。批判というか正直な感想を言います。まずそこからやるのが筋でしょう。
別に彼を擁護するとかね、そういう意図もないし、彼は好きでも嫌いでもなかったですけど、今回のことがあって僕はどっちかというと好感を持ちましたけどね。
だってこうなるのは彼の意図したところじゃないですからね、賞を受賞してしまったけど、元々そんなつもりもなくただ単純に自分の実力を測りたくて本名で芸名を隠して応募した訳でしょう。もし出来レースだったとしたら?その「もし」を言うならその証拠を持ってきて欲しいですね。話をするのはそれからでしょう。
そういう平等なところで勝負して、勝ってしまった。なんか問題あるんですかね?

僕ね、あれだけのイケメンだと色々考えることあるんだろうなーと思うんですよ。あの、そこらの普通にめっちゃモテるイケメンとは次元が違うところの話で。
そういうことを経験してるだけ、あれだけのイケメンで生まれついた彼はいろんなことを考える下地があったと思うんですよ。
こんなもん全部逆説的な話になりますけど、悩みもあると思いますよ。めちゃくちゃ。

あとね、僕いつも思うんですけど、こういうときにやっぱり言えないでしょう、怒りをぶちまけたりとか。本人は出来ないんですよ。だから僕はそれも腹立つんですけどね。もちろん彼にじゃなくて、気楽に叩いてる奴らに。
僕も今はこんなこと言ってますけど、それこそ売れたら言えなくなることあるかもしれないです。お世話になってる人の関係者とか、身近な人が相手先にいて、そこに気を使うとか。
僕は博愛主義とか、怒りを表さない人間は基本的に信用してないので、自分でも出来る限り売れても怒り続けたいと思ってますけど。

なんでしょう。叩く人、まずは読んでみましょうよ。じゃないとなんかうそくせーっす

« 僕らのサンタクロース - Home - 気持ちのいい夜。 »

topTop