Links
Profile
音楽、酒、海をこよなく愛するシンガーソングドランカー
ECHO Studioオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまで
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけ

Sat.01.10.2011 0 comments
作ってから何度も言われたことなんだけどね。
別にことさら説明するのも面倒だったし…というかこれは詩というものは自分の世界の感性のものであるので、わからぬ奴にはわからぬでいいのだと思っていたのだよな。誰に言ってんだか知らないけども。

帰り道の途中で 徘徊に彷徨って

この歌詞(虹色サイダー)の「徘徊に彷徨って」に対して、昔からことあるごとに突っ込まれるわけだ。
ま、そりゃ普通に考えりゃ文法っていうか日本語として間違ってるわな。そりゃワシにもわかるわい。
今まで数年間一回もそれに対して説明などしようとも思わなかったので、指摘されると何もわかんないフリしてニコニコして「まあ、いいじゃないですか」と言ってお茶を濁していたものです。
わかんない奴に説明してもわかんないでしょ、最初からわかんないんだから。説明してもらって感動するなんてのは違うんだよ。
でもきっとこういうことだったんだろう。文法としてことばとしてこの言い回しはおかしいだろう、重複してるぞ、この言い方は、と。



で、だからなんやねん。

ワシはこの語感が好きで採用した表現なんよ。正しい日本語講座を開設しようとして書いた歌詞ではない。

このひと単語の響きのニュアンスがわからないとこの曲の感覚の半分は逃しますよ、言っとくけど。


今日言いたかったのはそれだけだ。あの、僕に限らず表現者は皆そうです。

オレはきっとわかってもらえると思って歌を作ってる。それは初めて曲を作ったときからなんも変わらないです。

« 約束。 - Home - 求人広告。 »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。