Links
Profile
音楽、酒、海をこよなく愛するシンガーソングドランカー
ECHO Studioオーナー
詳しくはこちら
ご連絡はaotagari@gmail.comまで
月別 INDEX
QRコード
QR
このblogを携帯からでも見ることができます。
URLはPC版と同じです。

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対処法。

Mon.03.10.2011 2 comments
あるミュージシャンがね、街角で迫られる「サイン攻め」について考えていたそうだ。
プライベートなんだから「ごめんなさい」とはっきり伝えた方がいいのか、それでも大切なファンのために快く受けた方がいいのか。

多分、どっちも正しい。

数年悩んだ後、彼は或るスポーツ選手(国民的スーパースター)が「あ、ゴメンなさい、プライベートなんで」と言って颯爽とファンの渦をかわして去っていくという話を聞いて感銘を受けたそうだ。そして自分もそうしようと思ったんだとさ。

多分、これも正しい。

またある芸人の本を読むとこんなことが書いてあった。
「オレはプライベートで来てんだ。なんでお前にニコニコしなきゃいけないの?じゃあその数十分君にニコニコした、その分のギャラを君はオレに払うのか?」

多分これも正しい。というか理屈として完璧だ。

またある芸人の本によると、彼は結構サインを求められたら笑顔で応えるらしい。
「オレがそのとき笑顔で応えるだろ。そうすると彼等は”いやぁ、あの芸人もなかなかいいやつだったよ”なんていって他の人に言ってくれるだろう。ほんの少しのことで、そうやってイヤな思いなんてしないでお互いすむんだよ。で、彼の中でオレは一生”いいやつだった”って記憶が残るだろ?それでいいんだよ」

多分、これも正しい。悟りきってる。



たまに飲み屋に普通に飲みにいって、「へぇ、君ミュージシャンなのか、じゃあ何か歌ってみせてよ~」などと抜かす輩がカウンターの隣りになってしまったりしてゲンナリすることがあるでしょう。ないって?いやボーカリストにはあるんですよ。「ケチケチすんなよ、聴いてもらうだけ名が売れるんだよ」なんて言うアホもいますよ。
失礼だろう、と思うでしょ?でも結構いますよ、こういうアホは。


そんなときになんて言うかです。
僕ですか?そんな時はね。普通に言います。「いや、今喉の調子が悪くてちゃんと歌えないんすよ~」なんてことを。
え、これはダメ?一番いい対処法だと思うよ。
アホ相手には「更にアホになる」まずこれで9割はうまくいく。
あなたにミュージシャンとしてのプライドがあれば、大丈夫。うまくいきます。

わかってるひとはわかってます。そう信じていきましょう。



P.S
…でも酒飲んでるとその辺の感覚がバカになってきますねぇ。殺意を覚えます。
実際に殺していないだけ自分でも温厚だなって思います。
でもこれは僕の修行不足ですねぇ。

« 新しい名前で - Home - ADHDか~ »

- comments
2 comments
一所懸命。一生懸命。

貴公は…「一生懸命」だねぇ…(笑)。
>アカツキ
コメントありがとう、って、だから酔ってんだろっ!(笑

ワラフィーリーン(・ω・)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。